メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - マイブームは、念彼観音力!

マイブームは、念彼観音力!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/4/2 20:28
今朝、我が家の庭にはうっすら雪が積もって居ました。
鉢ごと出していたローズマリーが寒そうでした。(ごめんよ~。)
さて、擇木道場の水曜夜の座禅会では、座った後にいくつかのお経を唱えます。その中の一つに観音経があります。不勉強の私は、きちんと読んだこともなく後半の偈頌の部分だけですが、舌も回らない状態でとても長く感じました。これではちょっと不味いと思い自宅で座る前に唱える事にしたのです。これがツボにはまったというか、ピン!と来るものがあってここの所、私の「マイブーム」になっています。
念彼観音力 ・・・ ネンピーカンノンリキ!・・・ このフレーズがリズム良く繰り返されて何度も出てくるのですが、これが何とも言えず朗らかな気分というか、腹の底から力が湧いてくるような感じになるのです。単にセロトニンの分泌が良くなった結果だとは思いますが・・。
数息観で躓いている時(雑念妄想の付け入る隙を作るまいと頑張る時)、あの観音経のこれでもかと云ったようなあらゆる災難、地獄のような泥海を思わせる字面の中に、ナント!
念彼観音力の文字が、ピカピカ輝いて見えてくるではありませんか!
大国主命にスセリビメが与えたヒレのような、映画「十戒」のあの名場面、紅海を割ったモーセが振り上げた杖のような、知恵と優しさと勇ましさが混じり合った響きとして立ち上がって来たのです。
私にとっては、大きな学びになりました。智慧と慈悲と勇猛心が観音力であるならば、素直に信じてゆけば良いと思ったら、気楽になりました。
自我を、自我の剣によって斬って返り血を浴びて苦しまずに、故に疲れずに、数息観が続けられることに気づいたのです。
内なる観音力を呼び覚ますべく、今日も思い出してはネンピーカンノンリキ!です。
 
妙玲拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (152)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1923
最新のブログ記事