メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2015 1月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅会

座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/3/12 10:13

3月3日 朝 日曜座禅会

初めての参加 0人

2回以上参加 5人

会員     3人

 

5分休憩を挟んで37分の座禅を2回、後半の座禅中に10分間の経行を行い、終了後に『般若心経』『坐禅和讃』を読経した。

終了後は居士寮で20分程度の茶菓子で座談会を実施した。質疑の後、

久しぶりに「茶掛け一行物」を読みました。「陰森夏木杜鵑啼」を読んで

味わいました。杜鵑の声について色々な意見が出て有意義でした。

「陰森夏木杜鵑啼」

陰森たる夏木 杜鵑啼く(いんしんたるかぼく、とけんなく)

「兜率の三関」の一関である、「撥草参玄は只だ、見性を図る。即今、上人の性いずれの処にか在る」に対する、張無尽居士が添えた偈頌の一句で、この一句で宗旨を表しているとのこと。公案の意味は「禅の修行目的は見性して成仏することにある。しからば、その見られるべき、お主の本心本性は今どこにあるか、探してこい」とのことです。

「薄暗い夏木立の中で杜鵑が啼いている」暗闇の中を夢中で歩いているとき、突然杜鵑の声を聴いて「ハッ!」として我に返り「この自分」に気づくのではないでしょうか。

暫く座禅会に来ていなかった方が、久しぶりに参加されたのは嬉しかった。龍泉 

 

3月3日 夕方 日曜座禅会

初めての参加 0人

2回以上参加 0人

会員     1人

 

日曜日の夕方は訪れる方は少ないですね。広い禅堂を独り占めして坐るのもいいものです。読経の後、早々に下山しました。龍泉 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (134)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1914
最新のブログ記事