メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2015 1月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 坐禅や仏教について思うこと

坐禅や仏教について思うこと

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/3/6 22:22
欧米では坐禅や瞑想をすることによって日常生活から逃避する、スピリチュアル・バイパッシングが問題になっているそうです。
確かに坐禅をすると何か頑張ったような気になりますが、それによって直ちに生活上の問題が解決するわけでは無いと思います。
八正道の一つに正精進がありますが、やはり坐禅とは別に自分で精進することは欠かせないのではないかと思います。
 
仕事でミスをするときは、過去の失敗を思い出したり、自分の評価を気にしたりと頭の中でマインド・トークをしていることが原因となっている気がします。
坐禅をするとそうしたマインド・トークが減って、今この瞬間をあるがままに見られるのではないかと思います。
私はその境地には程遠いですが、それでもかなりミスは減ってきたように思います。
 
最近マインドフルネスが話題になっていますが、海外ではマインドフルネスが戦争に利用されることもあるそうです。
かつて日本の武士は死の恐怖を克服するために坐禅をしたそうですが、坐禅の背景に仏教の教えがないと危険な方向に向かってしまう可能性もあるのではないかと思いました。
 
日本では宗教と言うと煙たがられる風潮がありますが、それは第二次世界大戦後GHQによって国民生活から宗教的要素を取り除かれた結果であり、元々日本人の生活と仏教は切り離せない関係にあったのではないかと思います。
私は仏教の押し付けがましくないところや、非暴力を掲げているところが好きで、時間があれば仏教書を読んだりしています。
 
最近般若心経を覚えようとしてネットで音声や動画を検索すると、キッサコという現役僧侶のボーカルプロジェクトが見つかりました。
般若心経を歌うなど、歌う僧侶として話題になっているそうです。
興味のある方は是非検索してみて下さい。
 
とりとめのないことを書きましたが、お付き合い頂きありがとうございます。
 
風印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (164)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1912
最新のブログ記事