メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2014 6月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 明日です(^^)/第68回 禅フロンティア:「性の多様性」と「禅」

明日です(^^)/第68回 禅フロンティア:「性の多様性」と「禅」

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/1/25 10:19

 

 

こんにちは。泉 玉水です。

 

毎日、「ありがとう」を意識して使っていますか?

 

昨年末、長年使っていた、我が家の炊飯器が壊れました。

保温はできるのですが、炊飯ができません。

 

思えば、私が嫁いでからずっと朝晩と働いてくれていました。

その存在の有難さに今しみじみとしています。

 

言霊とはよくいいますが、

「ありがとう」とその対象に手を合わせ、

大切に使っていると、モノにも心が宿るような感じがします。

 

 

さて、今回の禅フロンティアの内容は、前回に引き続き、LGBT(性的マイノリティ)と学校教育についての内容です。

 

実際の学校現場でどのような問題がおこっているのか。

思春期の子供たちのセクシュアリティに焦点を当てながら、

生きづらさを感じている子供たちに対して

私たちはいったいどのような態度をとれば良いのか考えてみたいと思います。

 

---【内容】---------------------------------------------------------

68回 禅フロンティア:「性の多様性」と「禅」

―人間の性は何通り? セクシャリティについて考えて見よう

--------------------------------------------------------------------

 

 

ゲストにお迎えする津吹先生は最初は教員として、

その後は相談員としてずっと教育の現場に身を置いて来られました。

 

子供たちの悩みの相談を受ける中でその中に潜む性の問題に注目され、

相談業務の傍ら、性教育の専門家として学会活動や講演活動を行っておられます。

 

今回のフォーラムではまず、「人の性を決める 4 つのセクシャリティとは何か?」という問いが発せられ、

参加型アクティブラーニングの形式で、セクシャリティについての理解を深めていきます。

 

後半では、「もし、性的マイノリティの当事者から相談されたら、あなたはどうしますか?」という問いに対して、

それぞれのセクシュアリティごとの事例を元にグループワークを行う予定です。

 

私たち、禅に関心を持ち、禅を学び行ずる者は、他者の悩みを我が事として生きていきたいものです。

 

今回のフォーラムでは性の多様性をテーマにしながら、私たち自身の生き方にまで踏み込んでいけたらと思っています。

 

<講師>津吹哲男

演者略歴

千葉県教育庁東上総事務所嘱託教育相談員、千葉県公立中学校スクールカウンセラー、千葉思春期研究会理事、

日本思春期学会性教育認定講師、思春期保健相談士

司会: 光永道虔(医師 禅修行歴29年)

 

 

 

 

---【内容】---------------------------------------------------------

68回 禅フロンティア:「性の多様性」と「禅」

―人間の性は何通り? セクシャリティについて考えて見よう

--------------------------------------------------------------------

 

126日(土)

受付:14時30分

フォーラム:15時から16時45分 (お時間おまちがえなくお越しくださいませ。)

座禅会:17時~18時15分

費用:2,000円 ※初めて座禅をされる方は指導料として別途500円(テキスト代含む)

場所:人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩3分

 

 志ある方は一般の方でも正脈の師家(老師)に参じることができます。

ご希望の方はスタッフまで

 

◆予約

/jump/frontier_info.html?v=67

 

 

◆ニュース

/jump/frontier_reserve.html?v=67

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

 

本日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございます。

ご一緒できます事を、楽しみにしております。

玉水 拝

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (78)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1885
最新のブログ記事