メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧
  • カテゴリ 座禅ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

擇木ブログ - さいたま禅会 第一回参禅会報告(玉溪)

さいたま禅会 第一回参禅会報告(玉溪)

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2018/5/25 9:31
5月23日水曜日、午後7時。さいたま禅会最初の参禅会を開催しました。
ここから始まり。じっくりあたためていこうと思います・・・
 
世の中ではアメフト問題など、なげかわしいことが多いですね。
我が家の次男も高校生の時アメフトをやっていたので、どこか身近に感じられてなりませぬ。
ああ、あんなに楽しそうにやっていたのに・・・
学生たちの気持ちを思うと、まったく大人たちの体たらくに腹が立つ!
 
そこで、道を踏み外すのはなぜか、と考える今日この頃。
自分のやっていることに誇りと敬意がなくなった時、義が崩れる。
かつては見えていた道が見えなくなる。
何が見えなくさせるのか。
お釈迦様は、「つつしみを忘れ、わがものという意識を持ち、自分が得たものを軽んずる時」と言われました。
だから、「舟から水を汲み出せ。そして激流を渡れ」と。
 
なかなか容易な事ではないですね。
でも自分を大切に思うなら、心の中で起こっていることに耳を傾け、親友のように自分の心が訴える言い分を聞き、時になだめ、理解を示し、励まし、時に叱咤しながら自分と一緒にボチボチ進むしかありません。
そうすれば、「人のいない空家に入って心を静め真理を正しく観ずるならば、人間を超えた楽しみがおこる。」とお釈迦様は保証してくださっています。
 
「必要でない荷物かどうか選別する智慧は止観(禅定)の中にある。」とは前回までの仏教講座で取り上げさせていただいた『天台小止観』。
静かに坐禅をすれば智慧によって心の中が、穀物の一粒一粒を見るようにはっきり目えてくる。
すると「心は大いに驚き喜び、寂として静まっていながら安らかで心地良い。」状態を得られる、と。
 
呼吸と共に自分の心と向き合い、捨てるべきは捨て、大切なものは大切に、広々とした部屋でくつろぎたいものですね。
 
毎週の座禅会はパインズホテル裏の仲町公民館で、毎週水曜日、夜7時半から1時間開催しています。
週1回、こころやすらかな上質な時間を一緒に過ごしませんか。お気軽にお問い合わせください。 

お待ちしています!                      合掌 玉溪
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (264)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1805
最新のブログ記事