メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅をすると自分が自分らしくなれる

座禅をすると自分が自分らしくなれる

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2018/4/15 0:35
擇木道場は谷中霊園の近くにあるのですが、その霊園の一角に鬱金桜(ウコンザクラ)が咲いています。
咲き始めの花は緑色というか淡い黄色のような感じでしたが、満開も過ぎた現在は花の中心が濃いピンク色になってきました。
不思議な桜ですが、日々色が変わっていって毎日みても飽きません。
 
414日(土)、東京・日暮里にある擇木道場の女性部主催の座禅会では、初めての方2名、常連の方3名が会員5人とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
この日は座禅が終わった後に「坐禅のすすめ」という本を読みました。
先輩禅子が読んでくださるのを皆で車座になって聞きます。
 
今日は 「そもそも『行』ってなに?」 という質問が出ました。
先輩禅子がおっしゃるには、「座禅を組む」「作務をする」ということが「行」だとのことです。
知識として頭に入れることではなく、自分の体を使うこと、染み込ませることが「行」なのだと。
そして、行を毎日することでその人にとっての自分らしさが出てくるのだそうです。
 
茶道で使う茶杓を例えに出して説明してくださいました。
「茶杓を何十年も毎日毎日磨いていると、梅で出来た茶杓は梅らしく、竹で出来た茶杓は竹らしくなる」のだそうです。
一日一炷香座り続けると、その人がその人らしくなれるのでしょう。
もしかしたら、自分で自分に納得できるようになるのかもしれませんね。
なんだか楽しみになりますね♪
 

(これは私の茶杓 毎日磨きたいな)
 
偶然にも先日、「初めて買った茶杓を何十年も磨き続けている」という方の茶杓を拝見しました。
綺麗とか美しいとかの言葉では表せない深みを感じました。
茶杓を磨き続けるように毎日一炷香は座りたいものですね。
 
その後はお茶タイムです。
自身で点てたお抹茶をいただきながら、自己紹介や近況を話したりします。
初めて座禅会に参加された方の話がとても興味深いものでした。
それは人間禅女性部のブログに書こうと思います。
ご参加くださったみなさん、今日も楽しくてためになる話をたくさん話してくださってありがとうございました~!
 
「ためになる話が聞きたい!」という方、
「自分らしい自分になりたい!!」という方、
「茶杓ってどんなもの?」と思った方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
  合掌 翡翠

人間禅女性部ブログ

「やらされていた」座禅にも効果はある?!子どもの可能性を広げるためにできること
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (280)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1793
最新のブログ記事