メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅をするとイヤなことから解放される可能性がある

座禅をするとイヤなことから解放される可能性がある

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2018/1/20 17:59
今日は二十四節気の大寒ですけど、雪が降るほどの寒さはもう少しあとのよう。
寒い寒いと言っているうちに寒さに慣れてきたのかもしれませんが、それでも「寒いですねー」が挨拶になってしまいます。
 
120日(土)、東京日暮里にある擇木道場の女性部座禅会では、初めての方が5名、常連の方2名が、会員5人とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
今日も座禅が終わった後に「坐禅のすすめ」という本を読みました。
先輩禅子が文章を読んでくださるのを皆で車座になって聞きます。
 
今日読んだところには、「座禅といえば無になるって思いがちだけど、そうじゃなくて、身体も心もぜ~んぶ使って数息観という修行をするってこと。つまり三昧になることを座禅というんだ」というようなことが書いてありました。
そして、「座禅を知るには実際にやってみなくちゃね。地図をいくら見ていても山に登ったことにはならないのと同じ」とも。
初めて座禅に参加された方々からも「心に残った言葉があった!」などの感想をいただけました。
 
その後は、各自でお抹茶を点てながら自己紹介や近況報告。
常連のお一人は「いくつかの事を一度にこなさなければならない日々だけど、静座会に来たときだけでも数息観という一つのことに集中したい」とおっしゃっていました。
 
「座禅は無功徳」とは言っても、座禅をしていると何かしらの良い効果って表れてきてしまうものです。
数息観に集中する、つまり、数息観三昧になるということは、日々の苦しさや辛さ、疲れから解放されているときでもあるのでしょう。
先輩禅子がおっしゃっていましたが、「イヤなことがあっても、座禅をした時間だけはそれが遠のく」というのは、ほんとうにその通りですよね。
たとえ一呼吸だけしか数息観が続かなくても、その一呼吸の間は間違いなく「イヤなこと」を考えていないのですから。
それを何回も何回も繰り返していけばそのうち「イヤなこと」が「もうイイヤ、なこと」になるかもしれません。
「もう気にしなくていいか」と思えたらラクになりますよね
 
「集中したい!」という方、
「数息観ってなんだ??」と思ってしまった方、
「イヤなことをもうイイヤ、なことにしたい!」という方。
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
  合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (375)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1766
最新のブログ記事