メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅をすると雑念はなくなるのか?

座禅をすると雑念はなくなるのか?

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/12/17 18:28
きらびやかなイルミネーションが街のいたるところで輝きを放つ季節となりました。
朝の道場は、自然光のほどよい明るさが心地よく感じます。
 
1216日(土)、東京・日暮里にある擇木道場の女性部座禅会は、初めての方が1名、常連の方が3名、会員ともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
この日座禅が終わった後に磨甎庵白田劫石老師の書かれた文章を読みました。
先輩禅子が文章を読んでくださるのを皆で車座になって聞きます。
磨甎庵老師が老師になりたての頃の文章で、50歳にもなっていないときのものだそうです。
50歳を待たずして老師になられたということを初めて知りました!
 
そして、各自でお抹茶を点てながら自己紹介や近況報告。
この日は今年最後の女性部座禅会ということでおしるこも振る舞われました。
美味しかったですね!
 
いろいろな話が出ましたが「雑念が出てきてしまって~」という話もありました。
座禅を始めてよく聞くのは「雑念はなくなることはない」「雑念は出てきて当たり前」ということです。
「雑念が出てきていいんだ?!」と目からうろこですよね。
初心者は、まず雑念が出てきたことに気付くことが大事なのだそうで、数息観をしているときに雑念が出てきたら、気付いて我に返って呼吸を数え続けるとよいのだそうです。
 
「雑念」というと「雑」という語感からか「よくないもの」というイメージですが、よくないものだけが雑念ではないといいます。
今月初旬に開催された「蓮昌庵老禅子を囲む会」での蓮昌庵老禅子のお話しされた雑念についての例えがとてもわかりやすかったと話題になりました。
それは、「稲穂の中の1本の麦」を雑念と例えるもので、「麦は麦でとても大事なものだけれど、稲穂の中では必要ないもの」というようなお話です。
なるほど~!
 
雑念はよくないものなんかじゃないし、雑念が出てきてもいいのですね。
雑念が出てきたことに気付く練習が出来るのも座禅のすごいところだと思います。
 
「日々の作業中に雑念に気付けていないな」という方、
「雑念に気付きたい!」という方、
「いろいろな話を聞いてみたい!」という方。
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
 
※お知らせ※
12
23日(土)は、本部道場での臘八摂心会のため
12
30日(土)は、年末のため
女性部座禅会はお休みとさせていただきます。
 
来年16日(土)の女性部座禅会で皆さまにお会いできることを楽しみにしております!
  合掌 翡翠 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (149)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1761
最新のブログ記事