メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 主人公には過酷な運命が待っているとは思っていなかった話

主人公には過酷な運命が待っているとは思っていなかった話

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/11/16 7:40
心印です。
 
よくテレビや映画の予告編に、「この後、過酷な運命が待っているとは誰も思っていなかった」とかが出てきます。じゃあ具体的にあげてみろと言われると、「写真はイメージです」と旅行やレストランのパンフレットの下の方にちっちゃく書いているのと同じで、よく過酷な運命とか言ってるよなと思うイメージなのですが()
 
11月に新しい職場(お客様のところ)に配属になりましたが、これは来月からの仕事が決まっていないというサラリーマン的には精神的にきつい状況で、10月27日に決まりましたから、前回の記録を更新してしまいました(汗
 
以前ならひとつの仕事が終わると、前の仕事が終わる前に、既に次の仕事をしていたようなぐらいでしたが、今は違います(お前が仕事ができないだけだと言われれば、その通りなのですが・・・)。
 
これでもサラリーマン的には精神的に厳しいですが、非正規雇用の派遣の方や自営業の方から見れば来月の仕事がないくらい毎月だと言われそうで、甘いかもしれません。今は正社員でも派遣の方と同じような働き方になっているので、こういうことになっているのですが、仕事ができる人はひっぱりだこだし、仕事が続くので、私はやはり仕事ができない、この年代でもSEとしては使えない人なんだと自覚するしかないのです。
 
11月のはじめは本部摂心会でしたが、新しいところへ移ったということで、今回は参加できませんでした。毎日終電とまではいきませんが、連日お客様の会社を出るのが21時とか22時くらいなので参加したくてもできませんが、人間禅に入ってこういうことは実は初めてでした。
 
それでも禅をやっているだけ、精神的にプラスして、肉体的にも過酷な状況でも、精神的には安定しているのです。もし、禅をやっていなければ、またノイローゼや、うつ状態になるかもしれない状況下で、これははっきり禅の効用だと言え、老師の書かれた「禅の効用」では、「その3 常に平常心を保って今に集中できる効果」にあたります。
 
現代の人では派遣で非正規雇用の方が多くなっているので、こういう精神状態の方は多いと思うのですが、禅をやってみませんか?とおすすめしたいと思います。
 
やはり精神的に安定しないと良い仕事はできませんから。
良い仕事ができているとは言えないので、偉そうに言うなと言われそうですが、精神的に安定するという効果は、やっぱり1年以上は禅をやらないと出てこない効果だと思うので、やる人はなるべく早くやったほうがいいかと思います。
 
金曜の夜はこういうビジネスマンが多くいらっしゃるのですが、なかなか続ける人が出てきません。続ける人はやはり会員になる方が多いので、続けるには逆に会員になってしまう方がよいと言えます。
 
細くとも長く続けるのが禅、私の今の状況は以前のように禅に時間を使えないのですが、それでも、やめようとは思っていない、人生の一時期にこういうSEらしい時期があるのもまた風流(?)かなと思っているのです。
 
心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (86)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1751
最新のブログ記事