メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 8月25日 東京で夜一番遅い座禅会を開催 半年くらいで座禅をやめる理由 その2

8月25日 東京で夜一番遅い座禅会を開催 半年くらいで座禅をやめる理由 その2

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/27 4:33
心印です。
 
この日は夕方の18時頃、「今日は座禅会だし~、法照さんは水戸へ行っていないし~、そろそろ帰らせてもらおうかな?」とそろそろ帰りますよ、の雰囲気を醸し出していたら・・・() (一応、金曜は座禅会なのでなるべく早く帰らせてねと言ってある、18時はIT業界では早く帰る時間なのですw)。
 
でも・・・なんと以前の作業のミスが発覚しました!!
 
この時点で、いったん家に帰ってバイクで道場に行くいつものパターンを諦めました。バイク乗りはこうして乗る理由を作る習性があるのですが・・・仕事であれば仕方ない、仕事場から道場へ直行すれば、19時半~ギリギリ20時までは仕事ができると計算しました。
 
一瞬で集中力を上げるモードに入って(これは座禅、特に参禅の賜物です)、何とか、修正作業を終わらせました。座禅をやっていると、こういうミスが許されないという場面において、心がブレず、いつもの実力を発揮できるのです。とは言え、こういうことはあまり起きてほしくないものです。
 
この日は初めての方は5名、うち2名はミートアップ経由の外国の方でしたが、日本語が上手だったので問題ありませんでした。ただミートアップはイベント体験型のサイトの為か、一度の座禅体験で終わって、その後リピートされる方がほとんどいらっしゃらないのです。
 
これはなぜかと言うと、ミートアップ経由の方は、メールアドレスを登録しない為、メルマガを受信されていないからです。擇木道場HPへ予約すると、メールアドレスがメルマガに登録されるので、その後メルマガを読んで、リピートされる方が多いのです。
 
でもお一人が「メルマガ希望」(日本語で)と書かれて、メールアドレスを書かれていたので、翡翠さんがホームページツールでメルマガに登録して頂きました・・・ただ綴りがわかりにくい字がありまして・・・正しいかどうか・・・再度来られたらわかるでしょう(汗)
 
とは言え、参加者は総勢20名、もう後、数名で3列になるところでしたので、夏休みは終わったという感じでした。
 
座禅後の勉強会は先週とはメンバーが入れ替わったので、もう一度、以前に書いたブログ半年くらいの方がいない理由」を題材にとりあげました。
 
スマホでツイキャスライブも録画しましたが、先週とほとんど同じことを話したので、先週のがYoutubeにアップしてあるので興味があればご覧ください。
 
ほとんど先週と参加者の顔ぶれが変わったのは、毎週来られる方は意外と少ないということです。玄関に置いてある出頭簿に書かれたお名前を見ても、先週と共通の方は少数で、数週間に一度来られるというパターンの方が入れ替わり、たち替りで来られているのだなぁと思います。
 
なかには1年以上続いている方もいらっしゃるので、毎週は来ないけれども数週間に一度来られる方は必ずしも会員にならなくてもいいのかもしれませんが、毎週、座禅に来ようと思われる方は入会されることをお勧めします。
 
会員になると指導する、運営する側に回ることから、それだけ先輩からの指導や注意が増えますし、座禅の姿勢も厳しくなおされます。禅の歴史や思想の勉強や、摂心会の役位の練習もあります。
 
さて勉強会では参加者の方にどうだったかを一言をお願いしていますが、これは座禅がちゃんとできているかのフォローでもあり、本人の振り返りでもあります。おそらくお寺で、こんなことをやっている座禅会は皆無だと思います。
 
そこで話が出てきたのが初参加の大学生が、IT業界を希望されているとのこと・・・、現役システムエンジニアの私は「うーん」と考え込んでしまいました。座禅を継続するならIT業界でもいいが、しないならそれは危険だと言わざるを得ませんでした。
 
大昔は擇木寮として、大学生がたくさん住み込んで座禅していましたが、今では私が入会以来、2名しか例がありません。おそらくは継続されないだろうなぁとの前提です。
 
今のIT業界の現場は派遣の方が、正社員よりも多い状況です。と言うことは現場では使い捨てなのです。スキルはあって当たり前、人間的にも問題ない方が求められます。新人だからご配慮お願いしますなんてお客様には通用しませんから、スキルがなければ、人間的に未熟なら、他の人に替えてくれと言われるだけです。
 
うつ病にかかってしまう方が多すぎて、国や会社がストレスチェックを義務化するなど、以前は考えられない状況ですし、自己診断のストレスチェックなんて何の役にもたちませんから、会社も同僚や後輩がおかしくなっていないか、メンタル面をお互いに注意しましょうと指導するくらいなのです(本人はメンタルがおかしいことに気付かないので)。
 
IT業界に就職するのは、大学生には想像できない過酷さなので、SEになるなら座禅した方がいいよと言っておきました。さてどうされるでしょうかねぇ・・・ただ仕事の面ではIT業界は仕事がなくなることはしばらくないと思うので、食うには困らないかもしれません。
 
IT業界はブラックな業界だと知れ渡ったせいで、新人が入ってこない為、私のような40代~50代の現役エンジニアが増えているとのことです。
 
そういう話をしていたら、今度は教員をしている玉道さんが、よく報道されているように教員のブラックぶりを話してくれました。云く7時には部活で朝練があるので部室を開けに行かなくてはならない、授業をやって、お昼ご飯も教室にいないといけないので休憩がないそうです。部活が終わる18時頃から、ようやく自分の仕事に取り掛かれるので、帰宅は21時とか22時・・・そして次の朝はまた7時・・・これはIT業界以上かも・・・
 
座禅をしててよかったと言われていました。
 
また久しぶりに来られた方も大学を卒業して教員になったそうですが、別の新人が1ヶ月でうつ病を発症したとのこと。
 
IT業界や教員に限らず、正社員になれず、派遣でしか働けない方が増えたせいで、どの業界も危険なのは同じかもしれません。
 
こんな日本に誰がした?と言っても仕方のないことなので、現代の厳しいストレス社会で生き残るには座禅をしないといけないのでは?と思うのでした。
 
金曜日はこういう現役のビジネスパーソンばかりです。仕事に疲れたあなた、座禅をしに来られませんか? ビジネス上の悩みは座禅で解決できるかもしれません。
 
たまにはバイクの写真でも。

 
心印 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (121)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1728
最新のブログ記事