メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 8月4日 「東京で夜一番遅い座禅会」開催 半年くらいの方がいない理由

8月4日 「東京で夜一番遅い座禅会」開催 半年くらいの方がいない理由

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/6 13:13
心印です。

 
この日は総裁老師がお泊りになられていて、来られた方の面談をされるということでした。土曜日スタートの摂心会が岐阜であるので、ご自宅の茨城を早く出発され、擇木道場へ来られたのです。
 
擇木道場では一番、人が来られるのが金曜夜と土曜午前なので、そこに来られた新しい方をできる限り面談をして、本格的な座禅の修行をされる方を一人でも増やそうということです。

 
この日はなんと山口から東京へ人に会いに来られたついでに座禅をしてみようと思った女性が来られました。老師が面談され、山口座禅会をご案内しました。
 

座禅の後は、いつもの勉強会ではなく、老師をまじえて懇親会にしましたが、その時に集まった方は初めての方と、ここ1ヶ月くらい(2回目、3回目・・・)の方ばかりなのです。
 

夏休みの関係もあり、例年、この時期は人が少なくはなるのですが、半年くらいやっているって人が誰もいないのです。逆に1年を越えると、先日入会されたAさんを始め、1年半を越えているNさんと、ずっと続けている方か、入会して続けている会員となります。
 

これは何故でしょうか?
 

1.半年くらいやっても座禅の効果が感じられない?
 これは、やり方が間違っているのかもしれません。
 

2.仕事や家庭が忙しくて、両立できなかった?

これは会員でも良くあることなので、一時期休んでで、また再開すればいいのです。

 
3.他にやりたいことをやっている
 私もライブやバイクや、ピアノも練習したいなぁといろいろやりたいことがありますのでよくわかります()

 
4.座禅をやりたいと思った問題が解決した・・・
 これは目をそらしているだけだと思うのですが・・・

 
5.座禅をやりたいと思った初心をすっかり忘れて、普段の生活に戻った?

これが大多数ではないかと思います。人間は特に困らない限り、普段の生活を送るものですから。座禅をしなくても食うに困らない、特に幸せでもないけど、不幸でもない。適当に日々を暮せるならそれでいいと言う人たちです。

私はこれは「あり」だと思っていて、別に問題がないのであれば、普通に暮らせるのならそう言う人はそれでいいと思うのです。

肝心の問題からは目をそらしているのかもしれませんが、人生で一番大事なことは今日を確実に生き延びることなので、生きれるのならそれでいいです。

もちろん問題が発生した時、あわてたり、心がブレたりするでしょうけど、その時に座禅をまた始めて頂ければいいと思うのです。


 私の場合、50近くなって仕事や人間関係がにっちもさっちもいかなくなって、座禅を始めたのが数ヶ月で、問題は解決しないものの、感情的にはケリがついたので、逆に問題が起こってからの方が真剣に座禅するのでいいんじゃない?と思うくらいです。

もちろんどうせ座禅するのなら、早く始めた方が、いいに決まっているのですが、座禅を始めるのに遅すぎるということはありません。

 
さて、ここで問題にしたいのは、1なのです。半年も座禅をすれば、だいたいは一瞬でも三昧になれて、数息観が100までいかないものの、数回は数と息と一体になる瞬間があるものです。でも半年くらいで来なくなった人は、その瞬間を体験できていない、それはおそらく頭で雑念だらけで座っている格好だけしているから、ひいては座禅のやり方が間違っているのです。
 

だいたい、座禅の仕方を初めての方が20分ほど説明を聞いたところで、ちゃんと座禅できるようになれるわけがないのです。私の説明が悪いと言うことであれば、それは申し訳ないのですが、会員でも、先輩に何度も姿勢をなおされていますし、座禅中の注意や、数息観の仕方も何度も話を聞いて、だんだん上達していくのです。

 
Youtubeに「座禅の仕方」をアップロードしてありますが、これも半年くらい経ってからもう一度観るときっと気づくことがたくさんあるのでは?と思います。

 
なので、座禅後に勉強会をしているのは、半年やっても効果が感じられないということにならないよう、間違った座禅をしていないかチェックすることにもなるかと思います。是非、座禅をした後、振り返りやフォローも大切なので、座禅後の勉強会には出席した方がいいかと思います。
 

もし半年座禅を真面目にしているのに効果が感じられないという方は相談してください。

真面目に座禅をしたくても、忙し過ぎて時間が取れないんですが・・・と云う方もご相談ください。多忙な職業の代表であるSE(システムエンジニア)の私が、いかに多忙な中で座禅を継続してこれているか、やはり、そこには個人的なノウハウや工夫があるのです。

そしていつも言うことですが、人間は基本、怠け者ですから、継続しようと思うなら、人間禅に入会することをお勧めします。


心印 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (180)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1712
最新のブログ記事