メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 私が「東京で夜一番遅い座禅会」を開催してる理由

私が「東京で夜一番遅い座禅会」を開催してる理由

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/7/30 3:34
心印です。
 
私は毎週金曜の夜21時からの「東京で夜一番遅い座禅会」を、人間禅に入会して5年間ずっと続けています。
 
でも私が擇木道場に初めて来たとき、既に21時からの座禅会は京葉支部(現、中央支部)の玉道さん、魁星さん、埼京支部(現、東京支部)の霊亀さんの3人を中心に行われていて、そこに私が入った形でした。座禅会の名前も「金曜青年部座禅会」で、中年の私は気おくれがしたものです()
 
当時の金曜青年部座禅会(筆者は右端)

 
当時は座禅後に日暮里の駅前まで飲みに行っていましたが、毎週だとお金がきついので、工夫してコンビニにビールとおつまみを買いに行くようになりました。その頃は初めての人はほとんど来られないし、たまに来られても次の週には来ませんでした。
 
冬になり鍋を作るようになってからは、多少、リピートする方が出てきましたが座禅と言うよりは週末に飲みに来る感じで、参禅や入会する方は出ませんでした。
 
ホームページを作って「東京、座禅」で検索できるようになると、一気に人数が増え、入会される方が出てきて、私の後、金曜から初めて入会されたのは「春光さん」でした。
 
「少し早い春の光がふりそそぎました・・・」
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/details.php?bid=112
 
今は忙しくなって来られなくなってしまわれましたが、金曜の夜に男性ばっかりだった中で紅一点、女性が来られるのが多くなっていたのでとても助かりました。今の東京支部は女性比率が高くて、女性パワーでもっているようなものですが、春光さんの後、続々と女性の入会が続出したのです。また金曜だけでなく、土曜の女性部の座禅会もやられていました。
 
座禅会の名称もキャッチーに金曜は「東京で夜一番遅い座禅会」、土曜は「女性の美は座禅から」に変えたのです。
 
さて金曜の夜に来られる方はほとんどが現役のビジネスパーソンです。彼らが座禅に来る理由はほとんど似通っていて、心が不安、心がブレるのをなんとかしたい、落ち着きたい、仕事が苦しい、うまくいかない、会社の人間関係がうまくいかないというものばかりです。
 
私が座禅を始めた理由も、会社だけではありませんが、人間関係に悩んだ末なのでとてもわかります。この週末にも一回目の座禅ライブ(玉村梨紗さんの時)に来られた方が、仕事上の悩みがあってダークなんですってことで、やはり同じライブに参加されていた人に相談していたら、「緒方さんの座禅会が金曜じゃなかったっけ? 行って見たら?」ってことで来られました。
 
私が座禅を始めた頃は、仕事もプライベートも何もかもがうまくいかず、ノイローゼ気味で、将来の夢や明るい未来など全く想像もつかない、いっそ死んでしまいたい心境だったのです。座禅の知識だけは本を読んで知っていましたから、きっと座禅で何とかなる、座禅にすがるような思いで必死に数息観と公案に取り組んでいました。
 
そして最初の公案(初関と言います)を透った時、すべてが見えました。私自身の意識に問題の根っこがあること、今の状況を招いているのは私の意識が作り出しているということが、一気にわかったのです。
 
ただ前のブログに書いたように、最初の見性は「見性入理」と言って、理の上でわかっただけ、つまり頭で理解したというだけで、それを解決するような実力はついていないのです。でも自分のどこに問題があるのか、はっきりしただけで心は救われました。あんなに死んでしまいたいと思っていた人生が、座禅で救われたのです。
 
そして私の人生は一変しました。仕事しか見えてない視野の狭い人生から、プライベートが充実し、そして使命として、私と同じような悩みや苦しみを持って来られる人に座禅で解決する道があると伝えること。
 
老師はよく、今の時代はストレスが強烈にかかるので、何か心を安定させる、リセットする方法を持たない人は危険ですらあると言われます。NHKでもストレスが命を落とす原因になる「キラーストレス」についての番組が特集されました。
 
こういう時代、座禅をすれば良くて、座禅をすればすべて解決とはいきませんが、特に公案の修行をすると、数年もかからず、数か月でかたがついてしまう、座禅は特効薬ではないとよく言いますが、公案修行についてだけは別で、こんな短期間に自分を変えてしまう方法は他にないと思います。
 
私が毎週、金曜の夜、忙しくても疲れても座禅会を開催し、勉強会をしているのは、悩みや苦しんでいるビジネスパーソンの方に座禅の良さを伝えるためなのです。
 
そして夢を見られる、バラ色の人生を歩んでみませんか?
「東京で夜一番遅い座禅会」でお待ちしています。
 
心印 拝
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (169)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1709
最新のブログ記事