メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 三昧と独楽 7月21日(土) 女性部座禅会

三昧と独楽 7月21日(土) 女性部座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/7/24 21:21
暑くて暑くて「夕立でもあれば少しは涼しくなるのにな」と思ったら、大きな雹が降りまして。。。
谷中霊園の桜の枝葉が落ちて、一面緑に変わっていました。
被害に遭われた方、怖い思いをされた方もいらっしゃったことでしょう。お見舞い申し上げます。
 
721日(土)の女性部座禅会には、初めて座禅をするという方が3名、常連の方が2名お越しくださいました!
会員8名とともに30分の静坐、5分の休憩後にもう30分ほどの静坐をしました。
 
静坐の後は輪読を少し。
この日は「坐禅のすすめ -正しい人間形成のために-」という本の「三昧」という章です。
この本には「禅でいう三昧は3つある」と書かれています。
「正念の相続一貫」「心境一如・物我不二」「正受にして不受」ですが、これを説明するのは私には難しいですので、詳しく知りたい方はこの本をじっくりお読みいただくか、擇木道場でベテランの方々に聞いてみてくださいね!
 
なんとなく三昧とはこういうものなのね、と思ったところでお茶タイム。
常連の方が京都のお土産を持ってきてくださいました!
さらに会員の方からも静岡のお土産が!
お二方、ありがとうございました~。
お土産のお菓子を堪能しつつ、各自で点てたお抹茶に氷を入れての冷抹茶です。
冷抹茶は夏ならではの飲み方ですね。再来週もするのかな?
「来週は?」って??
来週は禅セミナーですよ~。
 
冷抹茶をいただきながら自己紹介や近況報告などをしていきます。
「クーラーがなかった昔の人はこの暑いなかで座禅をして三昧になっていたのかと思うとすごい」との声もありました。
 
さて、数息観での三昧とはどのようなものなのでしょう。
「坐禅のすすめ -正しい人間形成のために-」を輪読した中から書き出してみます。
 
「数息観についていえば、数息の一念だけが生き生きと働き、それが切れ目なく一貫相続することを数息三昧という」
 
う~ん、わかるようなわからないような。
また、「独楽が高速回転しているとき、一見静かに止まっているようにも見えるが、動き続けている」というものに例えられるそうです。
たしかに座禅をしているときは静かに見えますけど、数息三昧になったら激しいのかもしれません。
そういえば、しっかり回っている独楽って少々の障害にはめげないもので、デコボコした場所でも掌でも紐の上でも回りますよね。
よし!高速回転する独楽のような数息三昧を目指そう!!
 
「高速回転する独楽のような三昧になりたい」という方、
「座禅したあとに冷抹茶で一息つきたい」という方、
「クーラーの効いた場所で座禅がしたい!」という方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静坐会にご参加お待ちしております。
★ご注意★
今週は座禅の時間が変わります!
 
729日(土)の女性部座禅会は「禅セミナー」の勉強会に組み込まれております。
 通常の座禅会と時間が違いますのでご注意ください。
 
 お経に学ぶ:一宇庵小野円照老師 著『勝鬘夫人の告白』

午前8:45開始(8:30受付)~9:45終了予定


 


茶道と禅:芳賀幸四郎 著『わび茶の研究』


午前10:00開始(9:45受付)~午後 0:10終了予定


茶書読書会(1時間)、坐禅(20分間)、参禅(30分間) 
 


729日(土)に座禅をしたい方は1100ごろからとなりますことをご承知おきください。


また、上記以外にも「剣道と禅」(728日)や「ドリームマップと


禅」(729日)も開催されますので、ご興味のある方はぜひお越しください。


各勉強会の参加費は1000円となっております(3つ以上のご参加で割引あり)


詳しくはhttp://zenfrontier.org/index.php


または、http://zenfrontier.org/uploads/ckeditor/files/20170610175940.pdfをご覧ください。
 
   合掌 翡翠 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (65)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1706
最新のブログ記事