メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 6月22日(木)荻窪座禅会

6月22日(木)荻窪座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/6/24 20:42
6月から開始した荻窪座禅会も、4回目となりました。
初回から熱心に参加されている方や新規に来られた方等を含め、合計8名で座りました。
今回から、座禅終了後に総裁老師の書かれた「人間形成と禅」~その効用・効果について~のシリーズを読むこととし、まずは、ゼロ回の「禅の功徳、効用を説くと云うことは」を読みました。
このシリーズは、「禅の功徳は無功徳」と云われ、それ自体は正しいのだが、それを振りかざしているばかりでは、悩んでいる人に希望の光を見せてあげられないということで、主に、座禅の効用に焦点をおいて書かれたものです。
「無功徳」・・・口にするのは簡単ですが、それを実践するのは本当に難しいですね。人に親切にするときに、本当に何も見返りを求めていないと言い切れるか?と自分の胸に手を当てると、親切にした自分をほめてほしい、私が困ったときには今度は助けてくれるかも?等といった気持ちがどこかにあるように思えてしまいます。自分がそのように思っていると、他人も同じように考えているのではないか?と勘ぐってしまいます。

そんなことを考えていると、初回から参加されている方が、「確かに無功徳ですよね。座禅して何かが得られるわけではないですから。」と言われました。

確かにその通り!単純明快! いろいろ考えていた自分がばからしくなってしまいました。

スタッフで来てくださった法照さんも、「ここで座って、要らないものをどんどん捨てていってください。」と言われ、なるほどその通り!とこちらも感心しました。

物を捨てるのが断捨離なら、余計な思考を捨てるのが座禅だと言えます。

捨てて、捨てて、もう捨てるものがないことも捨てていくと、一体、どんな自分に出会えるのでしょうか?

荻窪道場で要らないものを捨てていきませんか?

御待ちしています。

合掌 香水 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (143)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1681
最新のブログ記事