メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧
  • カテゴリ 座禅ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

擇木ブログ - 3月1日 さいたま座禅会のひとこま 

3月1日 さいたま座禅会のひとこま 

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/3/2 8:55

美人が多くなったなぁ、と思う。

昨日は座禅会でお渡しする「数息観のすすめ」が不足したので擇木に寄って

ばったり、道場事務をやっていた香水さんに出くわす。

座禅会がなければ、飲みにでも誘うのだがなぁ。


浦和に着いてお茶菓子とお茶を買って公民館の会場に。

翠香さんがすでに会場設営を済ましていて、あ、ここにも美人がいたね。


そのうち、いつもの剣道家の女性が来られ、先週参禅会に参加した方、

そして祖芳さん、それに擇木で坐っています、という男性も。美人だね、

美人は男女に関係ない。

坐禅は、坐ろうと思った瞬間に人を美人にする、、、のかもしれません。


珍しく、しっかり坐れていい感じでお茶タイム。そのあと「正念の工夫」に

ついてを読む。「まえがき」だけでタイムアップ]、このあとが面白いところ

だが次回のお楽しみ!!  でも、「まえがき」だけで、公案と提唱と「正念の

工夫」の位置づけがわかりますね。

? わからない。・・・・ハイ、家でもう一回読んでね、・・・ということなく終了。とっても伝えたいことなので、ここに掲載させていただきます。

http://www.ningenzen.org/zen39/02-2.pdf#search=%27%E6%AD%A3%E5%BF%B5%E3%81%AE%E5%B7%A5%E5%A4%AB%27

でも、ね。頭で理解するのではなく、坐って、それをわかってね、と。

 

まぁ、だいたいのご提唱とか公案について書かれた本は、「例のほらアレ、そうだよねぇ」という専門学会のパーティに一人紛れ込んだようで、専門用語も沢山出てくるし、わかる人には、わかるのだけど、わからない人には話を聞こうが解説されようが、さっぱりわからず身のおきどころがないのですが、この「正念の工夫」はわかるところがあると思いますしね。


そのあと、男3人でいつもの飲み屋で山形正宗をゴマよごし、串焼き、漬物などで歓談。呑んでいて、あぁ、そうだったのかも・・・・と思う。

形にならないものはそのまま言葉にもならないまま、突然に。


今朝、読んだ本の冒頭に、1983年のアメリカの脳の実験で、筋肉を動かそうと

する指令より運動の指令が早かったそうで、意識はあとづけで受け取ってエピソードを記録する、とありました。無意識、というものだそうで。

この無意識、・・・武道の人の常識ですね、思う前に動ける、これ。


坐禅も・・・無意識・・・言い換えれば習慣となればしめたものです。

 

今月は、8日と15日の水曜は仲町公民館で座禅会。

23日の木曜がしみん会館うらわで「参禅会」です。       海香

 



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (192)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1607
最新のブログ記事