メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 2月15日 さいたま座禅会 

2月15日 さいたま座禅会 

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/2/16 11:04

おはようございます。

 

さいたま座禅会の翠香です。

皆さまお元気でいらっしゃいますか?

暖かいんだか、寒いんだか、強風に煽られて

目をしばしばさせながら走り回っています。

 

まもなく二十四節季の雨水。とここまで書いて、ふと、この文章前にも書いたぞと思い当たり

一年前のブログを振り返ると、まったく同じ文章が。成長していないのかしらと寂しい気持ちになるのでした。

農耕の準備を始める目安、お雛様の飾りつけの吉日、主人は種イモの準備にはりきっています。

 

昨日はさいたま座禅会の開催日、初めて参加の2人を含む計6人で坐りました。

2人とも初めてとのことですが、とても美しく坐られていました。

 

来週は参禅会となります。昨日参加してくれたお二人にも、案内しつつ

1人でも多くの方が来て下さるとよいのですが。

短い時間で2回も参禅させていただける大チャンスです!

 

総裁老師様のブログ、人間禅創始者耕雲庵老師の人となりについての思い出(その5)を皆さんお読みになられましたか?

この中で「咄嗟に『鼾をかかれるのでご遠慮されたのですが・・・』と申し上げましたら、老大師は急に破顔されて~」という行があります。

 

まさに、こういう日常のちょっとした一コマにも起伏があり、

その起伏をその場の一瞬の判断で切り抜けて行く力を養うために

自分は坐っているのかな…と考えますが、

そういう何かの為にという気持ちすらも本来は間違っているのかなと

自問自答するのでした。

とりとめのない文章で失礼しました。

 

もう一度ご案内です。 来週22日はさいたま参禅会です。

浦和でお会いしましょう。翠香

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (149)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1602
最新のブログ記事