メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 1月24日   火曜座禅会

1月24日   火曜座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/1/25 14:20

火曜座禅会に曹洞宗で修行され修行名も持ち、ご自分のホームページに

「呼吸」・「気とは」・「縁起とは」・・・など 書かれている方がおられます。

昨夜はインド仏跡地巡拝をした時の話がうかがえました。

(これもホームページに写真と共にアップされています。)


インドでは仏教がヒンドゥー教に埋没し、中世以後イスラムに破壊略奪され

仏跡地も英国統治下の発掘によってようやく再発見されたそうです。


日本でも倒壊破壊はあるが、歴史も短いし国民性の違いもあり、昔の物が

大切に保存されている。

貴重な物をこれからも大事にしてしていきたいね、と話合いました。



この夜の 『正法眼蔵随聞記』  第一の18


人は思い切って命を捨て身肉手足を切ることはしようと思えばできることだ。

二祖慧可が達磨の教えを乞う為に臂を断ったように。


身命を捨てるように名利に執着する心をも思い切ることが大切である。

であるが、事に対して物に対して、心の状態を正しく整えることは難しい。


人間禅では 「正しく・楽しく・仲良く 」 というが、正しいとはどういう事か。

何に比して自分の行動を整えるか。

「正しい」 ということは人間が決めることではなく 「絶対」 が決めること。

それは儒教で 「天の道」 といい、禅では 「如」 というもの。


人間禅では参禅して第一問を透過することを 「見性」 という。

「見性」 すると、眼に仏性が見える。 真理そのものを手に入れられる。


立田英山老大師は松島瑞巌寺の盤竜老師に参じ、 「大法に不可思議なし」

といわれたのを聞かれ、禅の道に入られた。

真理は迷信を説かない。


心の状態をおし鎮めて、言わなくてはならない事も、修せねばならない事も

道理に順っていたら言いもし、行じもしなくてはならない。 と


  道風庵老居士の話をまじえて簡単に申し上げました。



来週131日、火曜座禅会、通常通りに致します。

厳寒の時期ですが、寒さに歯向かってご一緒に坐りましょう。

お待ち申し上げます。        (秋香)


  

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (261)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1592
最新のブログ記事