メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 4月16日(土)女性部静座会

4月16日(土)女性部静座会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2016/4/17 12:56
谷中霊園の桜も、すっかり葉桜になり、時折吹く強い風で地面に落ちた花びらが舞う光景が美しく感じられる中、女性部静座会が開催されました。
当初は、会員2名のほかに、土曜日から宿泊された男性1名の3人でしたが、その後、女性3名、男性1名が参加され、合計7名で、25分、30分の静座を行ないました。
その後、総裁老師の書かれた禅の効用に関する文章のうち、「すぐ、(仕事に勉強に)取り掛かかれる効果」を読んだ後、お茶をいただきながら、自己紹介や座禅に関するお話をしました。
当日未明には、熊本で1昨日よりも大きなM7.3の地震が起こり、その後もひっきりなしに余震が続く状況を朝のニュースで見ていましたので、3.11の東日本大震災の時のことも思い出され、被災地で苦しまれている方々のことを思いながら、座禅をしていました。
もし、自分が、今、その場にいたらどうするだろう?泣き叫ぶだろうか、それとも呆然自失となるだろうか。禅者であれば、どんな時でも泰然自若として、全てを受け入れるべしということになりそうだが、果たして、そんなことができるだろうか・・・。
老師から頂く公案の中には、上記のような状況(いや、もっと怖い状況もありますが)に関するものもありますが、理でわかった(気になっている場合がほとんどですが)としても、本当に事となるまでには、とにかく座禅を続けて三味に入るしかありません(と、これもわかったようなことを言っていますが、まだまだわかっていませんが)。
と、自分の修行のことはさておき、被災地で困っている方々へ、少しでも援助できることを実行に移すこと、これこそが、まさに、すぐ取り掛かる禅の効果かもしれません。
1日も早く地震が収束し、被災地の方々の困難が取り除かれることをお祈りしています。

合掌
香水 拝

*追伸
4月23日(土曜日)は、通常の女性部静座会と異なり、参禅会が行なわれます。老師から禅のお話を直接お聞きになりたい方は、是非おいでください。詳しい日程は、さいたま参禅会と書かれたホームページをご覧ください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (342)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1451
最新のブログ記事