メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 禅は言葉で伝わらない

禅は言葉で伝わらない

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2016/3/30 1:33

心印です。


久しぶりのブログを書きます。この間「東京で夜一番遅い座禅会」と「東京で夜一番遅い参禅会」を開催しました。その中で少々考えるところがあり、なかなかブログを書けないでいましたが、そろそろまとまってきたので書いているところです。


それは、禅は言葉では伝わらないということです。でも禅の公案や経典は言葉で書いてあるではないか?と言うと、一見もっともらしく聞こえます。これは矛盾ではないのでしょうか?


臨済禅では最初の公案(これを初関(しょかん)と呼びます)を授けられて、公案に取り組みますが、特に初関の場合は禅の本を読むなと言われます。これを人間禅では禅学をするなと言うのですが、初関を透らない間は、禅の本を読んだところで、そこに書いてあることが理解できないからなのです(ただし、これは初関までの話で、見性後はちゃんと勉強する為に本を読む必要があります)。


もちろん言葉で書いてあるので頭で理解することはできますが、それを体得することはできません。禅は言葉で理解できないものだからです。身近な例で言うと、自転車の乗り方を本で読んでも、本当に乗れるようにはなりません。何度も転んで乗れるようになった時に自転車に乗るということは、こういうことかとわかるのに似ています。


禅もこれと同じで、言葉では届かない世界なので、いかにこれを伝えるかを苦労するわけです。言葉ではなくても、人と人が会った時、あるいはその場に身を置いた時、伝わるものがあるのです。なので座禅後の勉強会には参加するよううるさく言い、参禅があれば参禅するように言うのです。


禅を言葉による理解で、わかったように語る人や、禅の本を書いてしまう人もいるのですが、これは非常に危険なことで、本当の禅に出会うべき人を迷わせて間違った道に導いてしまうかもしれない罪深い行為です。


ある方の禅の本を読んで、この人禅僧なのに本当にわかっているのかなぁ???どうも理屈ばっかりだなぁと感じている人がいたのですが、老師が「この人だめ、見性してない」と言われて、なんだ、そうだったのか、私の感じ方は合ってたのかと思ったことがあります。


それでも禅の本は売れるのですから、本屋さんには置かれますし、一般の人は偉い禅僧に違いないと思うのですから、困ったものです。それでも誰かが禅に縁がつくきっかけにはなるかもしれませんが、本物の禅かどうかは一般の人には見わけがつかないのです。


その老師が本物かどうかは誰に嗣法したのかを聞けばいいというのがあります。中には嗣法していないのに自分免許で勝手に老師を名乗っている者もいる(いた?)とのことです。人間禅の場合は、老師は誰に嗣法したのかはっきりわかっているので安心です。


さてもう一つは、その人が禅を語る時に、どれくらい口数が多いかを見るのです。多ければ、多いほど偽物、あるいは禅についてわかっていないということです。


金曜の夜、座禅後に勉強会をして、老師の書かれた「禅の効用」を読みますが、これも言葉で書いてある限り、禅そのものではなく、禅の周辺のガイドにしかすぎないのです。これを禅だと思って語ってしまうとそれは大きな間違いになります。


禅を頭で理解することは入口としてはいいのですが、言葉による理性の世界を離れて、三昧による感性の世界に入る必要があり、これが数息観の目的です。ましてや感じたことを言語化しようとすると理性の世界にとどまることになり、いつまでも三昧に入ることはできないのです。


言葉にした瞬間に、その対象から離れてしまう、これを私はフィルターと呼んでいます。「あいつは嫌なやつだ」と思った瞬間に、「嫌なやつだ」というフィルターがかかってしまい、本当のあいつからは遠く離れてしまうのです。


禅はこのフィルターを外すことを教えます。


公案も言葉で書いてありますが、そこに書いてある言葉を頭で理解しているうちはとどきません。行間を読めというと近いものになるのですが、公案になりきって、そこに書いてある言葉の裏を読んで(裏をかくのではないですよ)、そこの没入して三昧になるととどくものなのです。


もし、公案について詳しく聞きたい方がいたら、金曜の夜、「東京で夜一番遅い座禅会」にご参加ください。


心印 拝


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (325)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1441
最新のブログ記事