メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 少し早い春の光がふりそそぎました・・・

少し早い春の光がふりそそぎました・・・

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/2/26 10:31
まだ寒さの厳しい冬の東京。
寒さに対する対策ができている北の家よりも、不完全な対策の東京の家の方が実は寒いのだという話をテレビで見たことがあります。

先週の一週間は擇木道場では摂心会が開催されていましたが、常時20名~40名くらいの宿泊があり、典座(てんぞ 台所のこと)には常に火の気があるのでいつもと違って意外と暖かい道場に驚いたのでした。

寒いと思って着込んだら着物って意外と暖かいので結構汗をかいたものです。

さて擇木道場の所属支部は埼京支部というのですが、新しい方が正式に入会されました。

その方が初めて道場に来られたのは昨年の11月半ば。

お問合せに簡潔に「初めての参加となりますが、23日金曜夜の座禅会への参加を希望いたします。」と書かれていました。

ちょうどその日は青年部の静坐会はいつも男性比率が高くて、女性が来られた時に困っていると聞かれた女性部の先達である翠松(すいしょう)さんが助っ人に来られていたので、渡りに船と彼女のフォローをお願いしました。

それからは毎週のように来られて、初めて来た女性に安心感を与えてくれていました。そして12月の禅フロンティアで初めて老師と面談、参禅体験をされ、それからは参禅の機会があるごとに熱心に参禅されていました。

そして1月の禅フロンティアで最初の公案を透過(通ること)され、見性されたのです。見性するには平均1年、長いかたは3年や5年や7年という方もいらっしゃるなか、とても早いスピードでした。

これも熱心さによるものでしょう。

摂心会の中で入会式が行われたのですが、入会式と同時に道号授与式もあり、そこで、春光(しゅんこう)という道号が披露されたのでした。



一同、これからの季節にピッタリで、本人の感じというか性格というか、そういうものにピッタリの道号だねぇとうなずいたものでした。

これから擇木道場の希望の光になってくださいねー

PS.後で誰かに言われて気づきましたが、老師のお名前は葆光庵丸川春潭(ほうこうあん まるかわ しゅんたん)老師ですから、中から2文字も使われているではありませんか!!

娘に名前をつけるお父さんの気分なのかもしれませんね(いや年齢差から言うと孫? 失礼)。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (990)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/112
最新のブログ記事