メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 最新エントリー

師走の第40回さいたま参禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/12/14 11:17

12月は師走、お坊さんが仏事に走り回るとか、師匠でも走り回るほど忙しいと一般的に云われていますが、12月を「しわす」と読んだ「当て字」という説もあるようです。

ふと思ってみると、「師走は忙しい」と言うから、そんな気になっていることはないでしょうか? 年度はじめは忙しい、決算月は忙しい、年度末は忙しい・・・ずっと忙しいを口癖にして自分から疲れてしまっているなぁ、とわが身を思うのです。

 数十年前、日曜しか休みがなく、平日もいつも遅くまで働いていた経験があります。2月から5月の連休明けまでほとんど毎日働いていた時もあります。自分もその頃の周りのオジサンたちも、身体は疲れましたが、心身ともにクタクタという感じは今より少なかった気がします。最近のクタクタ感は、気持ちに影響されている部分が強い気がします。

 座禅会を毎週やっていますと、季節要因というか、参加人数に波があります。暑さ・寒さ、それに期末、年末、年度末・・・、思えばいくらでも「理由」を付けているなぁ、と思うのです。それなのに、なんで怠惰な私がほとんど休まず参加しているのだろう、と思ったら、行くと決めたからです。理由がだんだんとなくなってしまったのです。こうしたい、ああしたいがあったら、とっくにやめているだろうと思います。坐禅ってそういうもののような気が最近はしています。

 それでは、なにがなんだかわからないから、座禅会に足が遠のいている方になにかないかなぁ、と思ったらアリマシタ。


千鈞庵霞山老師の法話「社会生活と禅」。

私には、千鈞庵老師のお言葉と随分前に亡くなられた第二世総裁老師の声がデュオのように響きました。ご覧ください。

http://www.ningenzen.org/zen40/03-1.pdf#search=%27%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%A8%E7%A6%85+%E9%9C%9E%E5%B1%B1%27


「仕事は忙しい人に頼め!!」といいますね。できる人はそういう人ですね。魅力的な人でもあります。この法話を読んでいると誰でも人間形成が進むにつれ、そうなると思うのです。 


あと、さいたま座禅会は昨日40回目の参禅会を終えました。第39回の懇親会は、「ちゃんこ鍋」昨日は「博多の鳥の水炊き」でした。しっかり坐禅し参禅するから鍋はおいしいのですね。来年1月の参禅会は何鍋になるかな?

年末は20日の座禅会は、市川の道場で合同摂心会が開催されるのでお休みです。さいたまからですと、1時間半位はかかりますが、そちらにご参加ください。

年内は、27日の座禅会、年初は110日の座禅会、毎週1回行う座禅会をこれからも大事にしたいと思います。

・・・擇木道場の「お知らせ』では1225日から14日の間は、荻窪座禅会の開催以外は、全部中止、とされていますが、座禅会をやってはいけないとは言われていないので開催します。時間の都合のつく方はご参加ください。座禅会終了後は、今年最後の懇親会を内々行います。                       海香

 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (31)

「常に」 39回さいたま参禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/12/1 8:14

昨日は、金光教浦和教会のご好意で敷地内の記念館をお借りして3回目の、4年前の発足から39回目の参禅会でした。人間禅の会員は勤務先が遠くしかも参禅会は座禅会より早い時刻での開催です。定刻ギリギリ会場到着ということも多く、最近は座禅会員の方々の到着の方が早く設営準備もご一緒くださいます。いつもの座禅会でも会員より座禅会員の参加人数が多くなってきていて、昨日も遠方からの方、会社のお休みを利用したりして参禅会に来た方もいてとても熱い思いを感じました
。有難いことです。

 仰月庵老師は、定刻になる前から「座禅会員の方とお会いするからお通しせよ。」とのことで、座禅会員お一人お一人全員とお会いし、お話をしてくださいました。そうして静坐そして参禅となったわけですが、空調もせず寒い中、真とした空間がそこにあることを強く感じた参禅会、公案を持つもの全員がただ一回の参禅に行く姿にここに道場があるという実感がある会となりました。

 参禅終了後、全員で老師に御礼言上した際、老師からは「人間禅は一日一炷香の禅である。このことを常にわきまえ深めるように」とのお諭しがありました。そのあとはみんなで会場のお掃除。掃除もまた日程の中、掃除が終わって円了です。金光教の教会長さんと今後の日程のお話をしたところ、来年2月には日曜日を終日使って参禅会をしてくださってよいとのお話もいただきました。その時に「作務」をしたいので?とお聞きしたら、信者さんが常に建物内外の掃除をしているので、とのこと。そういえば、雑草を見かけたことがありません。

「常に」という大事さ、を老師、教会長からお聞きした会でもありました。 道場も摂心会の前後に限らず、常に雑草取り、雑巾がけなどしないといけませんねぇ。

 懇親会は、浦和で唯一の「ちゃんこ料理のお店」。参加者それぞれの座禅との出会いを聞いているうちに、いつの間にかお店は閉店時間、座禅会員の方たちも遅くまでご一緒くださり和気藹藹で大団円。

 次回は、1213日が参禅会。会場は「しみん会館うらわ」です。1845分開始。二週間後です。今度はどんなお店に行こう?・・・じゃなかった、それまで一炷香を深めて立ちはだかる公案と格闘しなくちゃ。

 急流のごとき世なれど雑草抜く 

急流のごとき世なれば雑草抜く

急流のごとき世も楽し雑草抜く 
 落葉も芽吹きもあるを知りながらあたりまえを出来ぬ未熟さ  海香

 

 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (88)

国際色豊かな座禅

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/11/25 21:10
雲ひとつない青空ですが、空気は冷えっ冷えの朝でしたね。
挨拶のあとに「寒いですねー」と付け足してしまう時期がやってきました。
 
1125日(土)の女性部座禅会には、初めての方が1名、常連の方が2名、荻窪座禅会の常連さんとその方がお連れになったスイス人の方もご参加くださり、会員ともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
この日も座禅が終わった後に老師の書かれた座り方についての文章を読みました。
先輩禅子が「座禅と数息観について」を読んでくださるのを皆で車座になって聞きます。
 
「左の掌の上に心を置いて、親指と親指をかすかにつけるようにする」
 
てのひらって「たなごころ」っていうんだったなぁ、、とか、たなごころにこころを乗せちゃうんだ、、などと思いながら、じんわり聞き入りました。
 
その後は、各自でお抹茶を点てながら自己紹介です。
初めての方は中国出身の学生さんで、座禅に興味を持ったのでご参加くださったということでした。
日本語が堪能で、皆がわーっと喋ったことでもだいたい理解できていたようです。すごい!
 
荻窪座禅会の常連さんがお連れになったスイス人の方は、宗潭さんという道号をお持ちで、日本の禅宗のお寺で修行をされ、今はスイスにあるお寺で住職をしていらっしゃいます。
今回は、日本のお寺での摂心会に参加するための来日したのに合わせて擇木道場の静座会にご参加くださいました。
聞けば、宗潭さんの師も遡れば今北洪川老師になるということです。
ということは、わたしたち人間禅とは「法における兄弟」だ!ということでみんなで盛り上がりました。
荻窪座禅会の常連さんは宗潭さんとインドで出会ったんだそう。
宗潭さんに「ぜひ日本でも座禅をしたほうがいいよ」と言われて人間禅の荻窪座禅会にたどり着いたのだそうです。
出会いって奇跡ですね。
 
外は寒くても道場の中は案外あたたかくて気持ちよく数息観ができ、さらにいろいろなお話も聞けて。
この日も充実した静座会でした。
 
「いろいろな人と出会ってみたい!」と思った方、
「たなごころの上にこころをのせてみたい!」と思った方、
「数息観て何?」と思った方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
 
※お知らせ※
122日(土)は、 2回「蓮昌庵老禅子を囲む会」を開催いたします。
老禅子は禅の修行を50年以上続けていらっしゃいます。
さらに歌人 堀井美鶴としても活躍されていらっしゃる方です。
短歌を味わいながら、禅の椎髄に迫るお話を伺うことができます。
「短歌ってちょっと身構えちゃうなー」と思いながら参加したら、ぐんぐんお話に引き込まれていった去年を思い出します。
 
9:30~10:15       静座
10:30~12:00    講演「短歌を味わう」
12:00~13:00    食事懇談
(参加費:1000円 昼食代を含む)
 
ご参加お待ちしております!
合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (65)

荻窪座禅会(久しぶりの近況報告)

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/11/22 11:09
香水です。
最近、荻窪座禅会のブログがない、予約がない、もしかしてつぶれたの?と思われた方、
いえいえ、ひとえに私の怠慢によるものであり、誠に申し訳ございません。荻窪座禅会は、しっかり生きてます!
実は、私事で恐縮ですが、10月中旬に実家の母親が心臓発作で緊急手術を受け、毎週末新幹線での往復、東京の病院に転院、同居の準備と慌ただしくしておりました。
母親は、83歳一人暮らし、早朝病院に行く準備をしていたところ、急に動けなくなったということで、たまたま病院に付き添う予定で家に来られていた方がすぐに救急車で病院に運んでもらいました。
一人でいたら間違いなく亡くなっていたところで、まさに九死に一生を得たというところです。
7時間に及ぶ大手術でしたが、無事成功し、後遺症もなく、12月中旬には退院できる見通しです。
病院から電話をもらい、すぐに飛び乗った新幹線の中で、何があってもおかしくないと考えていましたが、意外と冷静でいました。
人はいずれ死ぬということを受け入れている自分がいました。
これも禅の修行のおかげだと感謝しています。
さて、これからはいよいよ母との同居生活が始まります。
35年近く一人暮らしをしてきた母への親孝行ができて嬉しい反面、注文の多い母に耐えられるかという心配もあり、これからが踏ん張りどころです。
修行三昧の毎日になりそうです。
荻窪座禅会は、12月21日を除き、年末28日まで開催します。
12月28日は、午後1時半から、荻窪道場の掃除、静座、参禅、忘年会を行う予定です。
老師もお見えになり、一年で一番遅い参禅会?となります。
一年の締めくくりに、是非、荻窪座禅会にお越しください。
お待ちしています。
合掌 香水 拝
  
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (84)

11月18日開催 初関会のご報告

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/11/20 1:49
========================================
擇木道場では、修行を始められた方を対象に初関会という勉強会を行っています。
(禅の修行がどのようなものかはこちらをお読みください。→禅の修行を志した方へ
先日行われた初関会の模様を源石さんが書いてくださったので掲載します。
========================================
 
 
ブログをご覧の皆様
日頃より大変お世話になっております。
 
11月18日 17時00分より行われた初関会の内容報告を、丸山源石より初お知らせさせて頂きます。
 
さて、この度の初関会は初関をいただいている女性2名と男性1名、会員3名そしてご指導者としてご尽力頂いております慧日庵老禅子の計7名にて行われました。
今回は、メンバーに高学歴者の方がいらしたのもあり哲学的な話も織り込まれ、なかなか高度なお話内容になりました。
といっても難しい話というわけではなく、高度な内容をわかりやすくお話しいただいております。
 
お話しの内容に関してはやはり、初関の通過に苦労されていて『考えるなと言われれば言われるほど考えてしまう』というような所がメインであります。
「あー自分はダメだ、どうしたって頭でしか考えられない自分はまだまだ未熟だ~。」
ダメだダメだダメだ、未熟だ~ ではなく、如何、如何、如何 んーーーーーんにしなければと???というようなところから
 
・ダメだや未熟は誰が決めているのか?
・悩みや不安は何処から生まれるのか?
・この時期11月、12月、1月、2月はセロトニン(幸せホルモン)の減少するのはなぜか?、またその対処法(薬以外の増やし方)
・自分自身の二面性について
・今ここの自分のつかまえ方
などなどなど
 
老禅子が講演会でもお話しいただいている内容も盛りだくさんです。
この少人数で老禅子のお話を直接お聞きでき、また質問のお時間もいただけ、何たる幸せでしょうか!!
 
最近電車の中刷り広告に【自分の見つけ方】やら【こころの休め方】(題名適当です)等の本の広告を多く目にしますが、
そのような内容の事に関しても、初関を通過する工夫のお話しの中に老禅子35年の修行から得られた深く響くお話しが伺えました。
 
 
それでは初報告でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
合掌
源石 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (94)
雨で寒いという予報にもかかわらず、座禅は初めてという方が4名もお越しくださいました。
 
1118日(土)の女性部座禅会には、初めての方が4名、常連の方が2名ご参加くださり、会員6名とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
初めての方3名はお友達同士で、何回か「行ってみたいね」と話題になっていたんだとか。
もうお一人の方は、用事で東京にお越しの際にたまたま電車の中で隣に座って話をしたのが擇木道場の会員だった縁で座禅に興味を持たれたようです。
縁というのは不思議ですね。
 
この日は、座禅が終わった後に老師の書かれた座り方についての文章を読みました。
先輩禅子が読んでくださるのを皆で車座になって聞くのですが、座り方というのは何回聞いてもハッとさせられます。
今日も「背すじを伸ばし、あごを引く。背骨が地球の中心に垂れるような感覚で」というような言葉になるほどと思いました。
山のようにどっしりと座り、そこから背骨がつぅっと垂れていくなんて、力強さのなかにやわらかさが感じられて、なんだか心地よく座れそうですね。
 
また、「かかとの皮で呼吸をする」という言葉にも考えさせられました。
先輩禅子に「いろいろな人がいろいろな表現をするが、言っていることは同じ」と補足していただけました。
「いろいろな表現を試し、自分に合うものを見つけていくとよい」と。
自分に合う座り方の表現を見つけ、それを自分のものにしていくと、そこから自分なりのまた違った表現が生まれてくるのかもしれません。
 
最近、忙しさを言い訳にしていましたが「家でももっと座りたいな」と思えてきます。
そのためにも道場に来よう!みんなと座ろう!と改めて思いました。
 
「かかとの皮で呼吸をしたい!」と思った方、
「背骨を地球の中心に垂らしてみたい!」と思った方、
「いろいろな人と出会いたい!」と思った方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (85)
心印です。
 
よくテレビや映画の予告編に、「この後、過酷な運命が待っているとは誰も思っていなかった」とかが出てきます。じゃあ具体的にあげてみろと言われると、「写真はイメージです」と旅行やレストランのパンフレットの下の方にちっちゃく書いているのと同じで、よく過酷な運命とか言ってるよなと思うイメージなのですが()
 
11月に新しい職場(お客様のところ)に配属になりましたが、これは来月からの仕事が決まっていないというサラリーマン的には精神的にきつい状況で、10月27日に決まりましたから、前回の記録を更新してしまいました(汗
 
以前ならひとつの仕事が終わると、前の仕事が終わる前に、既に次の仕事をしていたようなぐらいでしたが、今は違います(お前が仕事ができないだけだと言われれば、その通りなのですが・・・)。
 
これでもサラリーマン的には精神的に厳しいですが、非正規雇用の派遣の方や自営業の方から見れば来月の仕事がないくらい毎月だと言われそうで、甘いかもしれません。今は正社員でも派遣の方と同じような働き方になっているので、こういうことになっているのですが、仕事ができる人はひっぱりだこだし、仕事が続くので、私はやはり仕事ができない、この年代でもSEとしては使えない人なんだと自覚するしかないのです。
 
11月のはじめは本部摂心会でしたが、新しいところへ移ったということで、今回は参加できませんでした。毎日終電とまではいきませんが、連日お客様の会社を出るのが21時とか22時くらいなので参加したくてもできませんが、人間禅に入ってこういうことは実は初めてでした。
 
それでも禅をやっているだけ、精神的にプラスして、肉体的にも過酷な状況でも、精神的には安定しているのです。もし、禅をやっていなければ、またノイローゼや、うつ状態になるかもしれない状況下で、これははっきり禅の効用だと言え、老師の書かれた「禅の効用」では、「その3 常に平常心を保って今に集中できる効果」にあたります。
 
現代の人では派遣で非正規雇用の方が多くなっているので、こういう精神状態の方は多いと思うのですが、禅をやってみませんか?とおすすめしたいと思います。
 
やはり精神的に安定しないと良い仕事はできませんから。
良い仕事ができているとは言えないので、偉そうに言うなと言われそうですが、精神的に安定するという効果は、やっぱり1年以上は禅をやらないと出てこない効果だと思うので、やる人はなるべく早くやったほうがいいかと思います。
 
金曜の夜はこういうビジネスマンが多くいらっしゃるのですが、なかなか続ける人が出てきません。続ける人はやはり会員になる方が多いので、続けるには逆に会員になってしまう方がよいと言えます。
 
細くとも長く続けるのが禅、私の今の状況は以前のように禅に時間を使えないのですが、それでも、やめようとは思っていない、人生の一時期にこういうSEらしい時期があるのもまた風流(?)かなと思っているのです。
 
心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (86)

恩は着せるものではなく着るもの

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/11/12 23:40
法照です。
 
私の好きな言葉で「恩は着せるものではなく着るもの」という言葉があります。
禅者なら禅語の一つも挙げるべきなのでしょうが、今回も禅語でも何でもありません。
この諺(ことわざ)、好きではあるのですが、「ちゃんと調べたことはなかったな…」と思って調べてみてびっくり。
いやいや、諺ですらありませんでした…(汗)
 
元々は、鬼平犯科帳などで有名な池波正太郎の小説から来ています。
 
 仕掛人・藤枝梅安「殺しの四人」より
 
  よくおぼえておきなさい。恩というものは他人に着せるものではない。
  自分が着るものだということを、な……
 
池波正太郎は好きなので、この本も読んでいるのですが、まったく憶えてません…
でも、いい言葉だと思うのです。
そして、実践することが難しい言葉でもあると思います。
 
この言葉には2つの面があります。
 
まず恩に着せる側
「恩着せがましい」という言葉もあるとおり、恩に着せるようなことをすれば相手に嫌がられます。
人に親切にするとき、誰かの間違いを指摘するとき等々、たとえ相手のためであっても、「やってあげる」「教えてあげる」という優越感のようなものが少しでも態度に入ると相手も敏感に感じ取るのだと思います。
やってあげるのではなく、当然のこととしてやる。教えてあげるのではなく、ただ純粋に正しいことを伝える。
なにか相手に行うことを「恩」と思って着せてはいけないという池波正太郎の想いがあるのだと思います。
「恩」を「余念」と置き換えれば、余念を交えずに何か行うというのは、禅に通じるものがあると思います。
 
次に恩に着る側
私は、恩に着せないようにするのも難しいですが、自分がきちんと相手の恩に着るのはもっと難しいと思っています。
誰かが何かを自分にしてくださった、あるいは教えてくださったとき。
自分の尊敬する人や好きな人からなにかされれば、それは素直に恩として受け取ることもできると思います。
でも、例えば「この人はイヤな人」と思っている人から恩を受けたときはどうでしょう?
素直に受け取れるでしょうか?
困惑したり、「普段イヤなことをされているんだから、これくらいで有り難いとは思えない」とつい思ってしまったりすることはないですか?
そんな、「イヤ」という感情はどこかに置いて、してもらったことを素直に恩として受け取るのは難しいと思います。
 
また、自分の尊敬する人や好きな人からなにかしてもらったときでも、「恩」と気づかないような時はないでしょうか?
入会して1年目の時だったと思いますが、ある方が道場の庭を見て、「だいぶ草が生えてきたね…、この草は我々の心を現しているんだね…」とおっしゃっられたことがあります。
鈍い私はすぐにはピンとこなかったのですが、その方はなかなか道場には来られないお忙しい方だったので、きっと「なかなか道場には来られないから自分にはできないが、できればこういうことは新しく入った者が修行として率先してやってもらいたい」というお気持ちがあったのではないかと思います。
そういうことを恩に着せないように伝えたかったのではないかと。
でも、受け取る側はうっかりするとただの雑談として聞き流してしまうかもしれません。
こういったことに気がついていけるようになることも人間形成のための一つの修行なのだと思います。
 
10月28日~11月4日まで、市川の本部道場では秋季の摂心会が開催されていて、私も1週間参加してきました。
この期間は「恩に着ること」ができるかどうか試される期間でもありました。
(まだ入会して2年程度なので、「恩に着せる」ようなことをしてしまう局面はほとんどありません)
 
人間禅の修行は座禅と参禅(禅問答)が両輪と言われていますが、座禅で深めることも参禅で得られたことも実践してこそ意味があることだと思います。
摂心会の期間は、座禅、参禅だけでなく、作務や役位などいろいろな事をする機会があって、このときは先輩方の指導を直接受けて実践することができます。
この期間、老師を始めたくさんの皆様に御指導をいただき、多くの「恩」を着させていただきました。
失敗しても寛容を持って受け止めてくださり、丁寧に御指導していただき、また自ら真剣に修行される態度からも修行者とはどうあるべきかというものを教えていただきました。
これを元に修行を進め、後に続く人たちに受け継いでいくことが恩に着るということだと思います。
 
市川の本部道場では、12月19日(火)から12月24日(日)まで、臘八摂心会という摂心会がございます。
各地から修行のために会員が集まってきます。
一般の方でも参加できますので、是非体験してみてください。
 
法照 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (91)

玉村梨紗さんギター弾き語


玉村梨紗さんファンクラブ限定 座禅とライブとお楽しみクリスマス
11月18日(土)17時開場 17:30開演

日暮里 擇木道場(たくぼくどうじょう)
 

         
       
     
  


  
    
    
  

       
     
  

20170312232515image001.jpg
      
    
  

 擇木道場では音楽をやっているアーティストとファンの方に向けて、ミニコンサートと座禅体験のコラボイベントを行っています!!

これで6回目となりますが、初回に出演して頂いた、ギター弾き語りのシンガーソングライター 玉村梨紗さんが3回目ということで来られます。この日はファンクラブ限定で、ライブだけでなく、お楽しみファン限定イベントも予定されています。ファンクラブが昼寝部なのですが、今回は夕方からのスタートなので昼寝の時間はありません()。まだファンクラブに入っていない方も、当日入会できます!!

スケジュール(途中の時間は進行の状況で前後する場合があります)
 11月18日(土) 日暮里 擇木道場

 開場   17時(座禅が初めての方はこの時間においでください)

 開催挨拶 17時30分   座禅の時間
 ライブ~ファン限定イベント 18時~

 物販とファン交流 19時30分~

参加料金 4、000円(ファンクラブへ入会の方は1,000円追加)
 
  擇木道場ホームページ http://takuboku.ningenzen.jp
  担当 人間禅 東京支部 擇木道場 緒方心印


                    
                    
                   
        
  
      
      
    
  
         
        
      
    
  
        
  
      
      
    
  
         
        
      
    
  
 


 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (81)

もう何日 雨が続いているでしょうか。 超大型台風まで同行して。

 

北関東の見事な紅葉は見られることなく敷きつめられてしまったでしょうが

でも 唐松が金色に装うのは まだまだこれからです。金精峠の上から眺める

日光戦場ヶ原の黄金色の絨毯は 台風一過で誇らしく輝くことでしょう。

 

会員と 最近いつも参加して下さる方と 静かな座禅会でした。

私の右肩はとても強固?でかなり重い荷物でも担げるのですが

座禅になると右肩上がり・左肩下がりの不自然な姿になります。

助警の翡翠さんに見ていただいて 左肩を後方に引けば両肩一線になると

教えられて 気をつけて坐っています。

 

座禅後 老師もご一緒に丸くなって各自 茶筅を振ってお抹茶を頂きました。

いろいろなお話がうかがえてとても和やかなひと時でした。

   たぬきに会った話とか・・・

学生時代から長い修行を続けて来られて ちょっと一休みなど 気を抜く事は

1度も無かったとおっしゃいました。

 

「 朝に見て夕べはあらぬ花ならむ 

朱の仏桑華冴え冴えと咲く 」

 

122日に 当道場で短歌の講演をなさる蓮昌庵老禅子の歌集「仏桑華」から。

老禅子は今でも総裁老師に参禅をしておられるそうです。

怠け者の私も お尻をつつかれた1日でした。

 

1028日も女性部静坐会はいたします。

お天気も回復するでしょう。

ご一緒に座禅いたしましょう。

   114日は本部摂心の為 静坐会はお休みいたします。

                            (秋香)

 

 

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (152)
最新のブログ記事