メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
投稿者 : 擇木道場 on 2018-06-10 23:31:48 (113 アクセス)

第92回青年部徹宵参禅会のご案内
 
この会は人間禅の青年部が主催する参禅会です。2日目の夜は徹宵坐禅といって朝まで集中的に坐禅を行います。もちろん途中に休憩がございます。この機会に徹底して坐り込みたい方、自分の殻を破りたい方、自分と向き合いたい方などなど、我々と一緒に坐りませんか?
また、この期間は師家(禅の指導者)がずっと道場で指導されています。一般の方は師家から直接禅についてのお話しを聞くこともできます。禅の修行とはどんなものか興味のある方からあるいは志を持って修行をされたいと思われた方まで幅広く参加いただけます。
是非、ご参加ください。

1.日時:
平成30年7月6日(金)から平成30年7月8日(日)まで
開始 平成30年7月6日(金)  午後7時30分 結制茶礼(開始の行事)
終了 平成30年7月8日(日)   午前 10時頃 
円了茶礼(終了の行事)-坐禅Q&Aと懇親会-後片付け
 
2.場所:
擇木道場
〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10
TEL/FAX 03-3823-7647
山手線「日暮里」駅南口下車、歩いて5分です。
もみじ坂を上り、谷中霊園方面に歩きます。
 
3.師家
担当師家: 葆光庵丸川春潭老師
 
4.参加費:
一般 1,000円 (学生500円、会員 3,000円)
宿泊費500円
シーツ代300円
食費 300円/食
懇親会 1,000円(学生500円)
 
5.持ち物:
洗面道具
着替え
作業着 (作務をやるため)
 
6.日課:
7月6日(金)
18:00  集合
19:30  結制茶礼
       静坐
21:00  参禅
22:00  開枕
※夕食は各自でお願いします。
7月7日(土)
 5:00  起床
 5:30  静坐
 6:30  参禅
       ラジオ体操
 7:30  朝食(支度でき次第)
 8:30  作務始め
10:00  作務止め
10:30  静坐
11:30  参禅
       昼食(支度でき次第)
14:30  作務
15:30  法定の型稽古
       静坐
17:30  参禅
18:30  夕食(支度でき次第)
19:30  法話 (仮)『両忘老師亀鑑』
       参禅
       真向法
22:00  徹宵静坐 開始
7月8日(日)
 0:00  参禅
 1:00  大休止
 2:00  静坐
 5:00  参禅
       円了茶礼
       記念撮影
 7:00  坐禅Q&A
       懇親会
 9:00  終了、後片付け
10:00  解散
7.問い合わせ先
青年部 粕谷玉道  gyokudokoji@yahoo.co.jp

ご予約は予約カレンダーからこちら


投稿者 : 擇木道場 on 2018-06-08 23:58:21 (61 アクセス)

今、坐禅が必要な理由 生きづらさと心をあたためる方法

<講演者より一言>
各講座や講演会を多くする中で、周囲に気を配り正直に生きている人がどこか生きづらさを抱えている現実に多く出会います。
人間関係の問題、様々なアクシデントは自分の望みに関わりなくめぐり合わせで訪れるものです。
生きづらさは「不安感」と「怖れ」があるとき、そして人生や生活に「受け身」の時に感じられます。
不安とか漠然とした恐れとは何でしょうか。
カギは自分との向き合い方、物事との関係性を知ることにあります。
感情とは何かを知り、その調え方を学び、実践方法を知ることで自然に受動的な生き方から主体的な生き方に変わってきます。
すると怖れることなく、ありのままの現実を受容することができるようになり、人生に信頼が持てて朗らかに生きやすくなります。
問題解決には、まず自分自身との向き合い方を見直してみましょう。なぜなら自分を受け入れる程度しか他人も受け入れられないからです。
でもどうしたら?・・・

坐禅はその方法を持っています。

1、感情を調える。
2、物事を奥行きと厚みを持って見る。
3、自分と仲よく、心をあたためる。

感じることを怖れずに、自分らしく明るく生きるために、今回も禅の考え方の一端をご紹介します

講師:慧日庵笠倉玉溪
禅の修行歴35年 人間禅特命布教師。お経の講座、
いす座禅講座など 多数主宰。講演、禅書道、企業顧問

<時間> 2 時受付。午後2時30分開始 午後5時終了
<受講料> 1回 2,000 円(摂心会参加費を含む)
<場所> 擇木道場
〒110-0001  東京都台東区谷中 7-10-10 TEL:03(3823)7647  FAX:03(5815)5921

*禅の指導者、老師も参加されます。本格的な禅の話も聞ける勉強会です。

ご予約は→こちら

チラシダウンロード→こちら


投稿者 : 擇木道場 on 2018-06-06 08:07:28 (132 アクセス)

東京支部第148回摂心会を厳修いたしますのでご案内いたします。
摂心会は、禅の修行の期間です。一般の方も参加できます。
この期間は師家(禅の指導者)がずっと道場で指導されています。
一般の方は師家から直接禅についてのお話しを聞くこともできます。
禅の修行とはどんなものか興味のある方からあるいは志を持って修行をされたいと思われた方まで幅広く参加いただけます。
是非、ご参加ください。
また、6月24日には講演会「今、坐禅が必要な理由 生きづらさと心をあたためる方法」が開催されます。
講演会の案内は→こちら

 
1.日時:
平成30年6月23日(土)から平成30年6月30日(土)まで
 
開始 平成30年6月23日(土) 午後7時 結制茶礼(開始の行事)
終了 平成30年6月30日(土) 午後5時半頃 円了茶礼(終了の行事)
 
(1)6月23日は午後6時半ごろまでにおいでください。
(2)6月27日(水)は放参日で通常日課と異なります。ご注意ください。
(3)6月30日(土)は円了茶礼の後、懇親会があります。懇親会は午後6時から8時の予定です。
2.場所:
擇木道場
〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10
TEL/FAX 03-3823-7647
山手線「日暮里」駅南口下車、歩いて5分です。
もみじ坂を上り、谷中霊園方面に歩きます。
 
3. 師家
担当師家: 葆光庵丸川春潭老師
副担当師家: 仰月庵杉山呼龍老師
 
4.参加費:
一般 1,000円(会員 3,000円)
宿泊費500円/週
シーツ代300円/週
食費 300円/食
懇親会 1,000円

5.持ち物:
洗面道具
着替え
汚れても良い服(作務をやるため)
 
6.日課:
 5:00 起床、清掃、洗面
 5:30 座禅
 6:30 参禅
 7:15 朝食
 8:30 作務
10:30 座禅
11:30 参禅
12:15 昼食
14:30 作務
15:45 「法定の型」練習
17:15  座禅
18:00 夕食
19:00 講本下読み
19:30 提唱
(21:00)講後参禅
22:00 開枕(就寝)

ご予約は予約カレンダからご予約ください。
予約カレンダーは→こちら
 


投稿者 : 擇木道場 on 2018-05-15 18:31:15 (136 アクセス)

平成30年度「東京荻窪禅会」摂心会等開催のご案内

 
この度、荻窪座禅会は、新たに「東京荻窪禅会」として、東京支部から独立し、下記のとおり、独自に摂心会を開催することとなりました。
昨年6月から杉並区荻窪を拠点として始まったばかりではありますが、東京西部地区の方々を中心に、臨済宗円覚寺派の流れを継ぐ伝統ある坐禅、参禅の場を提供していけるよう、会員一同力を合わせてまいります。
今後は、東京荻窪禅会として、新たにホームぺージを立ち上げる予定ですが、当分の間は、擇木道場のホームぺージに必要な情報を掲載いたします。

            記
第1 摂心会(4泊5日)
 ① 5月30日(水)~6月3日(日)(青年部・学生部合同)
 ② 8月29日(水)~9月2日(日)
 ③ 11月21日(水)~25日(日)(俳句部合同)
 ④ 4月3日(水)~7日(日)
  (開催場所)東京都杉並区善福寺3-8-5「清明庵」
    場所の詳細は、善福寺会場のニュースを参照ください。
    詳細スケジュールーは、別途ご案内いたします。
第2 参禅会(一泊)
 ① 52425日(木金) ② 72627日(木金)

③ 9月6・7日(木金) ④ 111516日(木金)
 ⑤ 12425日(木金) ⑥ 32829日(木金)

(開催場所)東京都杉並区善福寺3-8-5「清明庵」

  *木曜日午後645分から静座、7時30分から参禅、金曜日午前530分から静座、630分参禅
第3 坐禅会

  毎週木曜日午後730分~ 荻窪剣道場(杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階)
  毎週土曜日午前9時~  清明庵 

 *坐禅会は、荻窪摂心、東京支部摂心、本部摂心、禅セミナー開催日にはお休みとなります。
第4 連絡先
   上記行事への参加申し込み、御質問等は、

中川香水宛(090-5827-7004,kousui.nakagawa@gmail.com

または、擇木道場のホームぺージ(http://takuboku.ningenzen.jp/

よりお願いいたします。


投稿者 : 擇木道場 on 2018-05-10 00:00:42 (223 アクセス)


第3期仏教講座 第1回

 
『維摩経』(1)
 
なんのためにこの世はある?
 
「親分、事件です!」
大富豪にして仏教の極意に達した男。彼が登場すると、必ず大波乱が巻き起こる。時に酒場にいることもある。飲みながら深い話をさりげなく。 
時にブッダの弟子たちと論争してキリキリ舞いさせる。彼が病気になるとブッダは「お見舞いに行ってきなさい」とおっしゃったが、弟子たちは皆、以前グーの根も出ないほど論破されたので、「行きたくない~」と訴える。案の定コテンパン。
そこへ文殊菩薩が登場。腹を分かち合った親友同士の史上かつてない、とてつもない会話が繰り広げられる…
大乗仏教の思想をどこまでも深く、そして破天荒に描いたパワー満載の物語。人生どうする?維摩の大親分に聞いてみませんか?
(聖徳太子の『三経義疏』も紹介していきます。)

 
講師:慧日庵笠倉玉溪
禅の修行歴35年 人間禅特命布教師。お経の講座、
いす座禅講座など 多数主宰。講演、禅書道、企業顧問

<日付> 6月23日(土)
<時間> 午後2 時開始。午後2時30分まで前回の復習。参加する方は1時45分に受付開始します。
<受講料>1回 3,000 円
<場所>擇木道場
〒110-0001 東京都台東区谷中 7-10-10
TEL:03(3823)7647 FAX:03(5815)5921

 
<お問合せ・お申込み>下記のURLからお申し込みください。
 

 
*禅の指導者、老師も参加されます。本格的な禅の話も聞ける勉強会です。


投稿者 : 擇木道場 on 2018-05-09 01:04:00 (192 アクセス)

葆光庵丸川春潭総裁の著作第二弾「人づくり 肚づくりと禅」(シリーズ「人間形成と禅」)が出版されました!

 
人づくり 肚づくりと禅

 

※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

出版社: サンガ
ISBN-10: 4865641203
ISBN-13: 978-4865641202

 
自己の確立、安心立命、
 
見性悟道よりなる
 
人間形成の階梯を開示する。
 
その実生活への展開、
 
また企業人としての生き方に敷衍する。
 

政治も経済も生活様式も、ますます目まぐるしく変化し、ゆっくり立ち止まって考えることを許されない社会の中で、「本当の精神的確立」をするためには、この日本の社会にどう働きかけたらいいかを、若い人たちを中心に日本の社会へ示す必要があります。難しい問題ではありますが、議論を巻き起こしつつとにかく先へ進む一歩を踏み出さなければなりません。本著では、私の四〇年にわたる住金時代の経験(技術開発・研究開発)と学生時代から六〇年になる在家禅の修行「人間形成の禅」の経験を統合して、人づくり・肚づくりについて綴ってみたいと思います。(著者「はじめに」より)

※著作第一弾「坐禅の効用」も絶賛発売中です! →こちら


投稿者 : 擇木道場 on 2018-04-19 21:45:17 (309 アクセス)

 平成30年5月26日(土)第64回

上座部仏教と禅

上座部仏教(テーラワーダ仏教)の真髄とは?
 
 上座部仏教とは、スリランカ、タイ、ミャンマーなどの出家教団によって継承されている南伝仏教を指し、テーラワーダ仏教ともいわれます。テーラワーダとは、パーリ語で「長老の教え」を意味し、その教えは、お釈迦様の時代から完全に近い形で残されたパーリ語経典に基づいて、2500 年の長きにわたって実践され受け継がれてきたお釈迦様の根本の教えであると言われています。
東アジア、チベット、中国、日本へと伝わった大乗仏教(北伝仏教)とは異なる歴史経過を辿ってきた上座部仏教は、日本において比較的最近までほとんど知られていませんでしたが、1990 年代から、スリランカ上座部仏教の長老アルボムッレ・スマナサーラの布教活動を中心に、上座部仏教に由来する瞑想法であるヴィパッサナー瞑想や慈悲の瞑想が浸透しつつあります。
株式会社サンガの社長である島影透氏は、この長老アルボムッレ・スマナサーラの教えを日本でいち早く普及させた立役者の一人です。2006 年に出版されたアルボムッレ・スマナサーラ著「怒らないこと」(サンガ新書)は、仏教書として27 万部を誇るベストセラーとなり、最近では、「ブッダの実践心理学」全8 巻を出版されています。島影氏自身も、スマナサーラ長老のもとで教えを受けたテーラワーダ仏教徒であり、スリランカ瞑想合宿など現地との交流も活発に行われています。
今回の禅フロンティアは、島影氏を講師にお迎えし、ご自身の修行経験も踏まえながら、上座部仏教の教え、その実践としてのヴィパッサナー瞑想や慈悲の瞑想等についてお話しいただきます。
フォーラムの後は、座禅の時間も設けてあります。人間禅の師家(老師)に直接「禅の話」を聞く時間も用意してありますので、関心のある方はご参加ください。
 
*島影透〔しまかげ・とおる〕氏 株式会社サンガ出版代表取締役社長
1988 年「株式会社サンガ」設立、スリランカ上座仏教の長老アルボムッレ・スマナサーラの著書をはじめとした仏教書、マインドフルネス、自己啓発書を多数出版(総裁著「坐禅の効用」含む) 

【時間】 <受付>午後 2:00  
<フォーラム>午後 2:30~4:15
  <座禅>午後 4:30~6:00  (老師と面談の時間もあります) *途中退席可
【費用】 2,000円 ※初めて座禅をされる方は指導料として別途500円
【場所】 人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩3分
〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL:03-3823-7647 FAX:03-5815-5921
【連絡先】 人間禅東京支部長 松井龍泉 携帯 080-5412-1710 PCアドレス mxj01225@nifty.com

ご予約はこちらをクリックしてください。


投稿者 : 擇木道場 on 2018-03-30 11:35:00 (395 アクセス)

東京荻窪座禅会(善福寺会場)の開始について
 
昨年6月から始まった東京荻窪座禅会ですが、この4月から、下記のとおり、毎週土曜日午前中に、善福寺会場でも座禅会を始めます(*)。
善福寺会場は、杉並区善福寺公園が目の前にある純和風古民家の会場です。道場のような広さはありませんが、善福寺公園全体が庭のようなところです。善福寺池の周囲には、四季折々の花が植えられており、とりわけ春の桜、秋の紅葉は見事です。
土曜日早朝、早起きして一緒に座禅しませんか? 1週間の疲れを癒し、明日への新たな力が沸き上がること間違いなしです。
お待ちしています。
 *荻窪会場は、これまで通り毎週木曜日午後7時30分~、荻窪剣道場(4-30-10)で開催しています。


「東京荻窪座禅会(善福寺会場)」
〇原則として毎週土曜日午前9時~11

  (摂心等で休む場合がありますので、詳細は、東京支部カレンダーを確認ください。

午前9時~10時 座禅タイム(途中5分休憩)

午前10時~11時 読み物、抹茶タイム

          葆光庵丸川春潭老師の「坐禅の効用」(サンガ出版)を読みます。

その後、抹茶・お菓子をいただきます。
〇善福寺3-8-5 「清明庵」
  場所は、善福寺公園ボート乗り場東側の道を入って3軒目です。

善福寺公園への行き方は、

JR「荻窪」から関東バス 南善福寺行き「善福寺公園前」下車
JR
「西荻窪」から関東バス、あるいは西武バス 上石神井駅行き(大泉学園駅行きも有り)「善福寺」下車 徒歩5
西武新宿線「上石神井」から関東バスあるいは西武バス西荻窪駅行き 「善福寺」下車 徒歩5分です。

〇参加費
  800円(抹茶、お菓子代含む)

坐禅が初めての方は、座禅指導を行いますので、初回のみ1000円頂きます。
〇申込方法
  東京荻窪座禅会参加者、東京支部等人間禅での座禅会参加者は予約不要です。
  初めての方は、下記までご連絡ください。
〇その他
  足を組みますので、ゆったりとした服装でおいでください。
  会場で着替えることもできます。いす座禅もできます。
  初めての方は、座禅の仕方を指導しますので、開始30分前にお出でください。
〇連絡先
  中川香水(090-5827-7004、kousui.nakagawa@gmail.com
  御質問等ありましたら、いつでもご連絡ください。
 


投稿者 : 擇木道場 on 2018-01-29 01:20:31 (396 アクセス)

葆光庵丸川春潭総裁の処女作「坐禅の効用」が出版されました!
 
こちらのホームページに掲載されている「座禅の効用と効果」から大幅に加筆、更にわかりやすくなった上に数息観の手ほどきも加わって内容充実の書籍となっています。

Amazonでも販売されたばかりですが、1月30日現在で既に、Amazonの「禅」のカテゴリーでは1位仏教入門のカテゴリーでは14位にランクされました。
特に「禅」のカテゴリーでは鈴木大拙の「禅」、鈴木俊隆 の「禅マインド ビギナーズ・マインド」を押さえて堂々の1位となっています。
※ランキングは1時間ごとに更新され変化しています。


臨済伝法の師家が語る

 
坐禅の効用

実社会における「人間形成の禅」の展開

 

※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

出版社: サンガ
ISBN-10: 4865641130
ISBN-13: 978-4865641134

集中力・三昧力を高め、人間形成を促し、悟りへと導く―。初心者にわかりやすい数息観の実践。臨済宗円覚寺の居士林に端を発する宗教団体「人間禅」が実践する、数息観法を初心者にもわかりやすく解説する。目指すところは「人間形成の禅」であり、本書の実践を入り口にして、全人格的な向上へと進む、その坐禅修行の実践と心構えを現総裁が説く。
 
丸川雄浄(葆光庵丸川春潭)
まるかわかつきよ(ほうこうあんまるかわしゅんたん)
1940年生まれ。大阪大学理学部化学科卒業。住友金属工業株式会社和歌山製鉄所入社、のちに同社総合技術研究所上席研究主幹、同社技監。
東北大学工学部工学博士。大阪大学特任教授歴任。日本鉄鋼協会理事歴任。北京科技大学客座教授。(中国)東北大学名誉教授。(中国)鋼鉄研究総院技術顧問。
1959年、耕雲庵立田英山老師に入門。1960年「春潭」道号授与される。
1993年、庵号授与。2005年、師家分上印可授与。2005年、人間禅師家。2006年より人間禅第五世総裁

 
「禅の効用」と、数息観の手ほどき
禅の初心者に送る、浅きから深きへの道。

 
禅の効用を初心者にどう説明したら良いかを考え、人間禅のホームページにブログとして「坐禅の効用」をシリーズで掲載してきました。
数息観の手ほどきも合わせて本冊子の刊行をすることにしました。基調は「人間形成の禅」であり、浅きから深きへ、そして低きから高きへ人間形成が進み、最後は「無功徳」の境地まで人間形成の境涯が向上するのですが、そのごく始めのところに照準を合わせた「坐禅の効用」をここでは著しており、こういうものも本格の人間形成の禅に進むための導入書として活用いただければ一定の役割を果たせるのではないかと考えました。(「まえがき」より)


投稿者 : 擇木道場 on 2017-07-17 20:36:15 (1049 アクセス)


荻窪座禅会(荻窪剣道場)


集中力三昧力を養いたい方、ビジネス等の発想を豊かにしたい方、人間力を向上させたい方、剣道弓道茶道書道などの道を更に深めたい方、心をしっかりと落ち着かせたい方、是非、一緒に座りましょう!
毎週木曜日午後7時30分~9時
東京都杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階「荻窪道場」
 *JR荻窪駅口より線路沿いの道を新宿方面に歩いて5分です。
道場に入るには、ビル1階奥のエレベータ脇のインターホンで501号室を呼び出して下さい。)
初めての方には、座り方を説明しますので、15分前にお越しください。
 膝が痛い場合には、いす座禅もできます。
 前半25分、5分休憩、後半30分座禅を行います(途中参加可)。
 足を組みますので、ゆったりとしたズボン等を用意してください。
 道場での着替えも可能です。
座禅が初めての方は、初回のみ1,000円 2回目以降500
初めての方は、下記へご連絡ください。

人間禅東京支部
(荻窪座禅会担当)
      中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com
 
   画面の領域