メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
投稿者 : 擇木道場 on 2018-07-19 15:23:07 (12 アクセス)

東京荻窪禅会 78月の予定について

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
さて、7月も半ばを過ぎましたが、78月の予定をお知らせしますので、ご確認ください。

7月19日(木)PM7:30~ 座禅会(荻窪剣道場)
  21日(土) AM9~ 座禅会(善福寺清明庵)
  26日(木)PM6:45~参禅会(善福寺清明庵)終了後懇親会
   (27、28日は日暮里擇木道場で、禅セミナーが開催されます。)

8月2日(木)PM7:30~ 座禅会(荻窪剣道場)
  4日(土)AM9~    座禅会(善福寺清明庵)
  16日(木)PM7:30~座禅会(荻窪剣道場)
  18日(土)AM9~   座禅会(善福寺清明庵)
  23日(木)PM7:30~座禅会(荻窪剣道場)
  25日(土)AM9~   座禅会(善福寺清明庵)
  26日(日)AM10~  摂心準備作務(善福寺清明庵) 
 29日(水)~9月2日(日)第2回東京荻窪摂心会(善福寺清明庵)

 7月26日、8月29日~9月2日は、参禅会、摂心会です。

荻窪剣道場と、善福寺会場の案内は、擇木道場のホームぺージのニュース欄をご覧ください。

問い合わせ先

 中川香水 

090-5827-7004

 kousui.nakagawa@gmail.com


投稿者 : 擇木道場 on 2018-06-30 14:22:35 (157 アクセス)

             
  

20180630142214image001.png
  

  

 平成3028(土)第65
  

西郷どんと禅
  

 
 無参禅師

西郷と大久保は誓光寺の無参禅師のもとに早朝から参禅した。現在は座禅石公園に西郷が座禅した石が残されている。(即今当処自己志を鍛えた)無参は城下の南林寺、島津家の菩提寺福昌寺や誓光寺の住職をつとめた。藩主斉彬は西郷の存在を江戸城で土佐の山内容堂から「なかなか家来という西郷がいる」と聞かされた。ドラマでは2回目、無参が斉彬に西郷の存在を知らせた内容であった。

 月照

清水寺の月照は西郷を近衛家に紹介した。西郷は篤姫の婚礼調達係や斉彬の密命を受けて、一橋慶喜を将軍に擁する将軍継嗣問題で奔走した。(清水寺は法相宗北法相宗大本山開祖は延鎮)

斉彬の急死を京都で聞き、西郷は殉死を考えたが、月照から斉彬の遺志を継ぎ国家に尽くせと諫められる。

 錦江湾に入水自殺

安政の大獄で京都を追われた月照が薩摩入りを願うが、藩はこれを拒否し、西郷と月照は自殺をはかる。(安政の大獄)西郷は蘇生し月照は溺死した。藩は西郷に菊池源吾と名乗らせ沖永良部島に隠遁させた。

月照の辞世「大君のためには何か惜しからん薩摩の瀬戸に身に沈むとも」

西郷の辞世「ふたつなき道にこの身を捨小舟波立たばとて風吹けばとて」

 勝海舟

19歳のころ剣術の師範島田虎之助の勧めで、向島の弘福寺で参禅した。「剣術の修行には座禅は一番よかった。胆力を養うには最高、雑念が入ると勝負に勝てない」「剣術と禅学の二道より得来(えき)たったたまものであった」(氷川清話)勝と西郷の英断で江戸百万都市を焼かずにすみ、江戸無血開城を実現。

 西郷の名言

「人を推すに公平至誠を以てせよ」

「一家の遺事人知るやいなや、児孫の為に美田を買わず」(西郷家の家訓)

 英傑らの西郷評

伊藤博文「一点の私心もない、胸中、風月のような度量の人だった」

大隈重信「余は不幸にして未だその英傑と称し豪雄と称する所以を知るに及ばず」

坂本龍馬「少し叩けば少し響き、大きく叩けば大きく響く」

山岡鉄舟「彼は余り正直過ぎて、遂に賊名を得たのである」

勝海舟「西郷に及ぶことの出来ないのは、その大胆識と大誠意とにあるのだ」

明治天皇「朕を本当に思ってくれたのは西郷ただ一人であった」 
 

<講師>木村幸比古きむら・さちひこ (昭和23年生まれ京都出身)霊山歴史館副館長・歴史家
國學院大學卒業。近世思想史、幕末史。維新史の研究と博物館活動で文部大臣表彰。京都市教育功労者表彰。高知県観光特使。NHK大河ドラマ「徳川慶喜」「新選組!」「龍馬伝」「花燃ゆ」「西郷どん」企画展示委員。
著書「土方歳三」(学研M文庫)「新選組京をゆく」「新選組全史」(講談社メチェ)「沖田総司」「龍馬暗殺の謎」「(PHP新書)「幕末志士の手紙」(教育評論社)「知識ゼロからの西郷隆盛入門」(幻冬舎)ほか。NHK歴史番組「知恵泉」「ヒストリア」などゲスト出演多数。
                                                        
  【時間】
  
  <受付>午後 2:00  
  <フォーラム>午後 2:30~4:15
  
   
  
  <座禅>午後 4:30~6:00  (老師と面談の時間もあります) *途中退席可
  
  【費用】
  
  ,000円 初めて座禅をされる方は指導料として別途500
  
  【場所】
  
  人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩3分
  
  110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL:0338237647 FAX:0358155921
  
  【連絡先】
  
  人間禅東京支部長 松井龍泉 携帯 080-5412-1710 PCアドレス mxj01225@nifty.com
  

ご予約はこちらをクリックしてください。


投稿者 : 擇木道場 on 2018-05-15 18:31:15 (179 アクセス)

平成30年度「東京荻窪禅会」摂心会等開催のご案内

 
この度、荻窪座禅会は、新たに「東京荻窪禅会」として、東京支部から独立し、下記のとおり、独自に摂心会を開催することとなりました。
昨年6月から杉並区荻窪を拠点として始まったばかりではありますが、東京西部地区の方々を中心に、臨済宗円覚寺派の流れを継ぐ伝統ある坐禅、参禅の場を提供していけるよう、会員一同力を合わせてまいります。
今後は、東京荻窪禅会として、新たにホームぺージを立ち上げる予定ですが、当分の間は、擇木道場のホームぺージに必要な情報を掲載いたします。

            記
第1 摂心会(4泊5日)
 ① 5月30日(水)~6月3日(日)(青年部・学生部合同)
 ② 8月29日(水)~9月2日(日)
 ③ 11月21日(水)~25日(日)(俳句部合同)
 ④ 4月3日(水)~7日(日)
  (開催場所)東京都杉並区善福寺3-8-5「清明庵」
    場所の詳細は、善福寺会場のニュースを参照ください。
    詳細スケジュールーは、別途ご案内いたします。
第2 参禅会(一泊)
 ① 52425日(木金) ② 72627日(木金)

③ 9月6・7日(木金) ④ 111516日(木金)
 ⑤ 12425日(木金) ⑥ 32829日(木金)

(開催場所)東京都杉並区善福寺3-8-5「清明庵」

  *木曜日午後645分から静座、7時30分から参禅、金曜日午前530分から静座、630分参禅
第3 坐禅会

  毎週木曜日午後730分~ 荻窪剣道場(杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階)
  毎週土曜日午前9時~  清明庵 

 *坐禅会は、荻窪摂心、東京支部摂心、本部摂心、禅セミナー開催日にはお休みとなります。
第4 連絡先
   上記行事への参加申し込み、御質問等は、

中川香水宛(090-5827-7004,kousui.nakagawa@gmail.com

または、擇木道場のホームぺージ(http://takuboku.ningenzen.jp/

よりお願いいたします。


投稿者 : 擇木道場 on 2018-05-09 01:04:00 (294 アクセス)

葆光庵丸川春潭総裁の著作第二弾「人づくり 肚づくりと禅」(シリーズ「人間形成と禅」)が出版されました!

 
人づくり 肚づくりと禅

 

※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

出版社: サンガ
ISBN-10: 4865641203
ISBN-13: 978-4865641202

 
自己の確立、安心立命、
 
見性悟道よりなる
 
人間形成の階梯を開示する。
 
その実生活への展開、
 
また企業人としての生き方に敷衍する。
 

政治も経済も生活様式も、ますます目まぐるしく変化し、ゆっくり立ち止まって考えることを許されない社会の中で、「本当の精神的確立」をするためには、この日本の社会にどう働きかけたらいいかを、若い人たちを中心に日本の社会へ示す必要があります。難しい問題ではありますが、議論を巻き起こしつつとにかく先へ進む一歩を踏み出さなければなりません。本著では、私の四〇年にわたる住金時代の経験(技術開発・研究開発)と学生時代から六〇年になる在家禅の修行「人間形成の禅」の経験を統合して、人づくり・肚づくりについて綴ってみたいと思います。(著者「はじめに」より)

※著作第一弾「坐禅の効用」も絶賛発売中です! →こちら


投稿者 : 擇木道場 on 2018-04-19 21:45:17 (343 アクセス)

 平成30年5月26日(土)第64回

上座部仏教と禅

上座部仏教(テーラワーダ仏教)の真髄とは?
 
 上座部仏教とは、スリランカ、タイ、ミャンマーなどの出家教団によって継承されている南伝仏教を指し、テーラワーダ仏教ともいわれます。テーラワーダとは、パーリ語で「長老の教え」を意味し、その教えは、お釈迦様の時代から完全に近い形で残されたパーリ語経典に基づいて、2500 年の長きにわたって実践され受け継がれてきたお釈迦様の根本の教えであると言われています。
東アジア、チベット、中国、日本へと伝わった大乗仏教(北伝仏教)とは異なる歴史経過を辿ってきた上座部仏教は、日本において比較的最近までほとんど知られていませんでしたが、1990 年代から、スリランカ上座部仏教の長老アルボムッレ・スマナサーラの布教活動を中心に、上座部仏教に由来する瞑想法であるヴィパッサナー瞑想や慈悲の瞑想が浸透しつつあります。
株式会社サンガの社長である島影透氏は、この長老アルボムッレ・スマナサーラの教えを日本でいち早く普及させた立役者の一人です。2006 年に出版されたアルボムッレ・スマナサーラ著「怒らないこと」(サンガ新書)は、仏教書として27 万部を誇るベストセラーとなり、最近では、「ブッダの実践心理学」全8 巻を出版されています。島影氏自身も、スマナサーラ長老のもとで教えを受けたテーラワーダ仏教徒であり、スリランカ瞑想合宿など現地との交流も活発に行われています。
今回の禅フロンティアは、島影氏を講師にお迎えし、ご自身の修行経験も踏まえながら、上座部仏教の教え、その実践としてのヴィパッサナー瞑想や慈悲の瞑想等についてお話しいただきます。
フォーラムの後は、座禅の時間も設けてあります。人間禅の師家(老師)に直接「禅の話」を聞く時間も用意してありますので、関心のある方はご参加ください。
 
*島影透〔しまかげ・とおる〕氏 株式会社サンガ出版代表取締役社長
1988 年「株式会社サンガ」設立、スリランカ上座仏教の長老アルボムッレ・スマナサーラの著書をはじめとした仏教書、マインドフルネス、自己啓発書を多数出版(総裁著「坐禅の効用」含む) 

【時間】 <受付>午後 2:00  
<フォーラム>午後 2:30~4:15
  <座禅>午後 4:30~6:00  (老師と面談の時間もあります) *途中退席可
【費用】 2,000円 ※初めて座禅をされる方は指導料として別途500円
【場所】 人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩3分
〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL:03-3823-7647 FAX:03-5815-5921
【連絡先】 人間禅東京支部長 松井龍泉 携帯 080-5412-1710 PCアドレス mxj01225@nifty.com

ご予約はこちらをクリックしてください。


投稿者 : 擇木道場 on 2018-03-30 11:35:00 (475 アクセス)

東京荻窪座禅会(善福寺会場)の開始について
 
昨年6月から始まった東京荻窪座禅会ですが、この4月から、下記のとおり、毎週土曜日午前中に、善福寺会場でも座禅会を始めます(*)。
善福寺会場は、杉並区善福寺公園が目の前にある純和風古民家の会場です。道場のような広さはありませんが、善福寺公園全体が庭のようなところです。善福寺池の周囲には、四季折々の花が植えられており、とりわけ春の桜、秋の紅葉は見事です。
土曜日早朝、早起きして一緒に座禅しませんか? 1週間の疲れを癒し、明日への新たな力が沸き上がること間違いなしです。
お待ちしています。
 *荻窪会場は、これまで通り毎週木曜日午後7時30分~、荻窪剣道場(4-30-10)で開催しています。


「東京荻窪座禅会(善福寺会場)」
〇原則として毎週土曜日午前9時~11

  (摂心等で休む場合がありますので、詳細は、東京支部カレンダーを確認ください。

午前9時~10時 座禅タイム(途中5分休憩)

午前10時~11時 読み物、抹茶タイム

          葆光庵丸川春潭老師の「坐禅の効用」(サンガ出版)を読みます。

その後、抹茶・お菓子をいただきます。
〇善福寺3-8-5 「清明庵」
  場所は、善福寺公園ボート乗り場東側の道を入って3軒目です。

善福寺公園への行き方は、

JR「荻窪」から関東バス 南善福寺行き「善福寺公園前」下車
JR
「西荻窪」から関東バス、あるいは西武バス 上石神井駅行き(大泉学園駅行きも有り)「善福寺」下車 徒歩5
西武新宿線「上石神井」から関東バスあるいは西武バス西荻窪駅行き 「善福寺」下車 徒歩5分です。

〇参加費
  800円(抹茶、お菓子代含む)

坐禅が初めての方は、座禅指導を行いますので、初回のみ1000円頂きます。
〇申込方法
  東京荻窪座禅会参加者、東京支部等人間禅での座禅会参加者は予約不要です。
  初めての方は、下記までご連絡ください。
〇その他
  足を組みますので、ゆったりとした服装でおいでください。
  会場で着替えることもできます。いす座禅もできます。
  初めての方は、座禅の仕方を指導しますので、開始30分前にお出でください。
〇連絡先
  中川香水(090-5827-7004、kousui.nakagawa@gmail.com
  御質問等ありましたら、いつでもご連絡ください。
 


投稿者 : 擇木道場 on 2018-01-29 01:20:31 (424 アクセス)

葆光庵丸川春潭総裁の処女作「坐禅の効用」が出版されました!
 
こちらのホームページに掲載されている「座禅の効用と効果」から大幅に加筆、更にわかりやすくなった上に数息観の手ほどきも加わって内容充実の書籍となっています。

Amazonでも販売されたばかりですが、1月30日現在で既に、Amazonの「禅」のカテゴリーでは1位仏教入門のカテゴリーでは14位にランクされました。
特に「禅」のカテゴリーでは鈴木大拙の「禅」、鈴木俊隆 の「禅マインド ビギナーズ・マインド」を押さえて堂々の1位となっています。
※ランキングは1時間ごとに更新され変化しています。


臨済伝法の師家が語る

 
坐禅の効用

実社会における「人間形成の禅」の展開

 

※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

出版社: サンガ
ISBN-10: 4865641130
ISBN-13: 978-4865641134

集中力・三昧力を高め、人間形成を促し、悟りへと導く―。初心者にわかりやすい数息観の実践。臨済宗円覚寺の居士林に端を発する宗教団体「人間禅」が実践する、数息観法を初心者にもわかりやすく解説する。目指すところは「人間形成の禅」であり、本書の実践を入り口にして、全人格的な向上へと進む、その坐禅修行の実践と心構えを現総裁が説く。
 
丸川雄浄(葆光庵丸川春潭)
まるかわかつきよ(ほうこうあんまるかわしゅんたん)
1940年生まれ。大阪大学理学部化学科卒業。住友金属工業株式会社和歌山製鉄所入社、のちに同社総合技術研究所上席研究主幹、同社技監。
東北大学工学部工学博士。大阪大学特任教授歴任。日本鉄鋼協会理事歴任。北京科技大学客座教授。(中国)東北大学名誉教授。(中国)鋼鉄研究総院技術顧問。
1959年、耕雲庵立田英山老師に入門。1960年「春潭」道号授与される。
1993年、庵号授与。2005年、師家分上印可授与。2005年、人間禅師家。2006年より人間禅第五世総裁

 
「禅の効用」と、数息観の手ほどき
禅の初心者に送る、浅きから深きへの道。

 
禅の効用を初心者にどう説明したら良いかを考え、人間禅のホームページにブログとして「坐禅の効用」をシリーズで掲載してきました。
数息観の手ほどきも合わせて本冊子の刊行をすることにしました。基調は「人間形成の禅」であり、浅きから深きへ、そして低きから高きへ人間形成が進み、最後は「無功徳」の境地まで人間形成の境涯が向上するのですが、そのごく始めのところに照準を合わせた「坐禅の効用」をここでは著しており、こういうものも本格の人間形成の禅に進むための導入書として活用いただければ一定の役割を果たせるのではないかと考えました。(「まえがき」より)


投稿者 : 擇木道場 on 2017-07-17 20:36:15 (1135 アクセス)


荻窪座禅会(荻窪剣道場)


集中力三昧力を養いたい方、ビジネス等の発想を豊かにしたい方、人間力を向上させたい方、剣道弓道茶道書道などの道を更に深めたい方、心をしっかりと落ち着かせたい方、是非、一緒に座りましょう!
毎週木曜日午後7時30分~9時
東京都杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階「荻窪道場」
 *JR荻窪駅口より線路沿いの道を新宿方面に歩いて5分です。
道場に入るには、ビル1階奥のエレベータ脇のインターホンで501号室を呼び出して下さい。)
初めての方には、座り方を説明しますので、15分前にお越しください。
 膝が痛い場合には、いす座禅もできます。
 前半25分、5分休憩、後半30分座禅を行います(途中参加可)。
 足を組みますので、ゆったりとしたズボン等を用意してください。
 道場での着替えも可能です。
座禅が初めての方は、初回のみ1,000円 2回目以降500
初めての方は、下記へご連絡ください。

人間禅東京支部
(荻窪座禅会担当)
      中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com
 
   画面の領域
 



投稿者 : 擇木道場 on 2016-06-08 02:42:52 (1237 アクセス)

新しく擇木道場へお越しになった方への

新会員制度の立ち上げのご説明

擇木道場に来られる方の中には、人間禅を理解していても、参禅まではしなくて座禅だけを継続してやりたいという方が常にいらっしゃいます。座禅だけでもある程度までは人間形成を進めることができ、そういう意向も尊重する必要性があると思います。

また、参禅をして道号も頂いている擇木道場員の中には、いろいろな諸事情により、座禅は続けるが、参禅はしばらく休みたいという方がいらっしゃいます。

こういう参禅はしないが擇木道場で座禅を継続してやりたいという意向を持っている方々も包含した擇木道場であるために、擇木道場では座禅会員を新設しました。

 

また人間禅の『立教の主旨』に賛同して、座禅はしないが人間禅を物心両面で外護したいという方のための名誉会員制度が従来からありますが、名誉会員という呼称を「おこがましくて・・・」と仰る方が以前からいらっしゃいます。名称と実態との乖離については、この制度が始まったときからの課題でした。常任法務会でも取り上げられ、中央道場と擇木道場だけで、名誉会員制度を改めそれに代わる賛助会員制度を先行的に設けることになりました。

 

また、KUJ擇木静座クラブを立ち上げて4年が経ちました。その間、年会員になられた方も多く、擇木道場だけでも現在24名になります。長く擇木道場の座禅会に参加された方は、この制度になじみができ、また人間禅に理解を深めてくださったのではないかと思います。しかしKUJの機構改革により、今年度からKUJ擇木静座クラブ制度がなくなることになりました。

そこで従来のKUJ年会員の方は出来るだけ早めに、新年度から発足します座禅会員に、是非ご加入いただきたいと思います。この座禅会員は、(参禅)会員と等しく把手共行して擇木道場を構成し、擇木道場の活動を盛り上げて行く仲間です。

 

擇木道場に座禅しに来てくださる方々は今まで通りお迎えしますが、擇木座禅会に初めてお越しになった方には、今後、スタッフが人間形成の禅についておよび数息観法について丁寧にご説明することにします。

 

いろいろな点で修正したこの新会員制度は人間禅の『立教の主旨』をより日常の活動の中で進めてゆくためのものです。皆さまといっしょに擇木道場を「正しく、楽しく、仲の良い」座禅道場にして行きたいと祈念しております。合掌

擇木道場長 松井龍泉 拝

擇木道場の新会員制度についてのご説明(平成2871日発行)

 

「立教の主旨」に基づき「数息観」を弘め、「正しく、楽しく、仲の良い」世界を実現するため、以下の新会員制度を立ち上げ、多様なご要望に対応できるように致します。

 

No.

会員種別

会費

備考

1

擇木道場会員

(参禅)

会員

一般

(10,000)\/月(注1)

・『禅』誌提供
・禅セミナー参加費は
 通常価格の半額

・摂心会参加可能

・座禅会参加費 無料

特別

(6,000)\/月(注2)

2

座禅会員 

3,000\/

3

賛助会員

1,000\/月以上

(12,000\/年以上)

・『禅』誌提供
・座禅会参加費 \500

4

(擇木)座禅会員

初参加 \1,000

2回目以後 \500

初参加の人には座禅修行の説明をします。

 

注1.    参禅会員会費の(  )は基準を表しています。この金額以上も以下の人も居ります。

会員の財政状況を勘案し相談して年度ごとに決めています。

注2.    特別とは、定職を持たない主婦および学生の方々です。

 

補足説明

  (参禅)会員は現在の人間禅会員です。

  人間禅擇木道場会員は、(参禅)会員と座禅会員で構成されます。

  座禅会員は、参禅はしないで座禅によって人間形成を進める方です。

  座禅会員は擇木道場の会員ですので、支部内の役員就任および議決への参加が可能ですが、人間禅の会員ではないので人間禅会への権利はありません。

  諸事情により(参禅)会員で参禅を休止する会員は、(参禅)会員から座禅会員への移行ができ、擇木道場会員を継続することができます。

勿論、最初から座禅会員で擇木道場に入会することもできます。

いずれの場合も、座禅会員になった時点で擇木道場の座禅会員番号を付与し、会員証書を発行します

  賛助会員は、「立教の主旨」に賛同して人間禅をご支援していただける方です。

  賛助会員にご就任頂く方には、擇木道場の賛助会員番号を付与し、会員証書を発行致します

  (擇木)座禅会員は擇木道場に来て座禅をされる方です。

  座禅会に初めて来られた方には、スタッフが人間形成の禅および数息観法についてご説明します。

  KUJの制度改革により、今後はKUJ擇木静坐クラブ年会員を新規募集しません。現在のKUJ擇木静坐クラブ年会員は、7月から発足する座禅会員へ移行し入会されることをお勧めいたします。

  人間禅の制度改革により、名誉会員を新たには募集しないことになります。現在の名誉会員はそのままの継続もできますが、できますれば賛助会員もしくは座禅会員への転籍をお勧めいたします。

 2016年6月1日 擇木道場 道場長 松井龍泉



投稿者 : 擇木道場 on 2015-04-30 12:31:20 (2074 アクセス)

28年度の さいたま座禅会「参禅会」の予定

 2016年 
   5月25(土曜日) 午後6時45分~
   6月   なし
   7月28(木曜日) 午後645分~
   824(水曜日) 午後645分~
   9月      なし
  10月19(水曜日) 午後645分~
  11月24(木曜日) 午後645分~
  12月    なし
 
 2017年 
   126(木曜日) 午後645分~
   222(水曜日) 午後645分~
   3 23(木曜日) 午後645分~
     423(水曜日)  午後645分~


普段の座禅会の730分開始より45分ほど早まります。
当日は、座禅参禅座禅参禅  と2回の座禅と参禅の機会があります。

場 所: さいたま市民会館うらわ   場所はこちら
       (さいたま市浦和区仲町2-10-22
     京浜東北線「浦和」駅下車 西口から徒歩7
     ロイヤルパインズホテルの裏

時 間: 水曜日 1930分~2030分(30分ほどの坐禅を2回坐ります)

なお、「参禅会」以外の毎週の水曜日は、「坐禅会」を開催しています。途中参加、中途退出も可能です(途中で休憩タイムをとります)


連絡先: 電話090-9360-1064(野島)
      メール masayasu.nojima@gmail.com

・参加費
 初参加   1、000円(指導料、「数息観のすすめ」冊子)
 2回目以降   500円

PDFの案内はこちら

20160623210507.jpg

開催日の確認・予約はこちらからお願いします。

  http://takuboku.ningenzen.jp/modules/piCal/